【実体験あり】データアナリストにおすすめの資格を難易度別に7つ紹介!

【実体験あり】データアナリストにおすすめの資格を難易度別に7つ紹介!
悩む女性

データアナリストになりたいけど、どの資格を取ればいいのか分からないわ。。

悩む男性

未経験でもデータアナリストになれるのか、不安だなあ。。

データアナリストを目指す人にとって、どの資格を取得すべきか悩むことは多いですよね。

また、未経験からデータアナリストになるための具体的なステップが知りたいという方も多いのではないでしょうか。

ちるとも

僕も未経験からデータアナリストに転職して、年収を150万円以上アップさせた経験があります!

この記事では、データアナリストとしてキャリアをスタートするためにおすすめの資格を、難易度別に7つ紹介します。

さらに、資格取得のメリットや実際の転職ステップについても詳しく解説しますので、これからデータアナリストを目指す方にとって非常に役立つ内容になっています。

この記事はこんな人におすすめ
  • データアナリストに必要な資格を知りたい人
  • 未経験からデータアナリストに転職したい人
  • 資格取得を通じてキャリアアップを目指している人
データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

ちるとも

データアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

データアナリストが資格を取得するメリット

データアナリストとしてのキャリアアップを目指すなら、資格取得は大きなメリットがあります。

資格を取得することで、データ分析の知識やスキルを客観的に証明でき、転職活動や業務において有利に働くことが期待できます。

具体的なメリットについて詳しく見ていきましょう。

データ分析の知識(スキル)を客観的に証明できる

資格を取得することで、自分のデータ分析のスキルを客観的に証明することができます。資格は第三者機関によって認定されるため、自分のスキルレベルを明確に示す指標となります。

特に未経験からデータアナリストを目指す場合、資格を持っていることで信頼性が高まり、採用担当者に対して強いアピールポイントとなります。

例えば、Tableau Desktop SpecialistやPython3 エンジニア認定データ分析試験などの資格を取得することで、データ可視化やプログラミングスキルを証明できます。

これにより、実務経験が少ない場合でも、一定の知識と技術を持っていることを示すことができるため、採用の可能性が高まります。

転職に有利に働く可能性がある

データアナリストとしての転職活動において、資格を持っていることは大きな武器になります。企業側は、応募者のスキルセットを評価する際に資格を重視する傾向があります。

特に、競争が激しいデータアナリストの求人市場では、資格があることで他の応募者との差別化を図ることができます。

資格を持つことで、求人票に記載されている要件を満たすことができ、書類選考や面接の際に有利に働きます。

また、資格取得の過程で学んだ知識は、実際の業務でも役立つため、転職後のパフォーマンス向上にも寄与します。

僕自身も、データアナリストとしての転職を目指す際に資格を取得しました。結果として、年収が150万円以上アップし、転職活動もスムーズに進みました。

資格を取得することで、キャリアアップの一歩を踏み出すことができるのです。

データアナリストにおすすめの資格4選【難易度:低〜中】

データアナリストとしてのキャリアを始める際に、資格取得は非常に有効な手段です。

ここでは、特に初心者でも挑戦しやすい難易度の低~中の資格を4つ紹介します。これらの資格を取得することで、データ分析の基礎知識を習得し、キャリアのスタートを切るための準備が整います。

Tableau Desktop Specialist

Tableau Desktop Specialistは、データ可視化ツールのTableauに関する基礎知識を証明する資格です。

この資格は、Tableauの基本的な機能を理解し、簡単なデータの可視化やダッシュボードの作成ができることを示します。

データアナリストにとって、データを視覚的に表現する能力は非常に重要であり、この資格を取得することで、業務での即戦力として活躍できるでしょう。

例えば、Tableauを使って売上データをグラフ化し、視覚的に分かりやすいレポートを作成するスキルが身につきます。Tableau Desktop Specialistは比較的取り組みやすい資格なので、初心者にもおすすめです。

Python3 エンジニア認定データ分析試験

Pythonはデータ分析の分野で広く使われているプログラミング言語です。Python3 エンジニア認定データ分析試験は、Pythonを使ったデータ分析の基本を証明する資格です。

この資格を取得することで、データの前処理や解析、可視化のスキルを持っていることを示すことができます。

例えば、PythonのライブラリであるPandasやMatplotlibを使って、データの集計やグラフ作成ができるようになります。

Pythonは汎用性が高く、他のプログラミング言語と比較して学びやすいため、初心者にとっても習得しやすいです。

Oracle Master Bronze

Oracle Master Bronzeは、データベース管理の基本知識を証明する資格です。データアナリストにとって、データベースの理解は不可欠であり、特に大規模なデータを扱う場合には、そのスキルが求められます。

この資格を取得することで、データベースの設計や管理、SQLの基礎が身につきます。

例えば、SQLを使ってデータベースから必要なデータを抽出し、分析に利用することができます。

Oracle Master Bronzeは、データベースに関する基本的な知識を習得するための良いスタート地点となります。

統計検定2級

統計検定2級は、統計学の基礎知識を証明する資格です。データアナリストとして、統計学の知識は不可欠であり、データの分析や結果の解釈に役立ちます。

この資格を取得することで、統計的な手法を用いたデータ分析のスキルが身につきます。

例えば、標本調査や回帰分析、仮説検定などの統計手法を使ってデータを分析し、ビジネスの意思決定に役立てることができます。統計検定2級は、統計学の基礎を学びたい初心者にとって最適な資格です。

データアナリストにおすすめの資格3選【難易度:中〜高】

データアナリストとして更なるキャリアアップを目指すために、中〜高難易度の資格を取得することが有効です。

これらの資格は、高度な知識とスキルを証明するものであり、専門的なポジションへの道を開く手助けとなります。

ここでは、特におすすめの3つの資格を紹介します。

Oracle Master Silver

Oracle Master Silverは、Oracleデータベースの管理に関する中級レベルの知識を証明する資格です。

この資格を取得することで、データベースの高度な管理やトラブルシューティング、パフォーマンスチューニングのスキルを持っていることを示すことができます。

データアナリストにとって、データベースの深い理解はデータ管理や分析の効率化に直結します。

例えば、大規模なデータベースの運用管理や、複雑なクエリの最適化が求められる現場で、この資格が役立ちます。

Oracle Master Silverは、データベース管理者やアナリストとしてのキャリアをさらに一歩進めるための強力な資格です。

Tableau Certified Data Analyst

Tableau Certified Data Analystは、Tableauを使った高度なデータ可視化と分析スキルを証明する資格です。

この資格を取得することで、データの視覚的表現やインタラクティブなダッシュボードの作成が可能であることを示します。

データアナリストにとって、データの可視化はデータの洞察を得るための重要な手段です。例えば、複雑なビジネスデータを視覚的にわかりやすく表現し、経営層へのプレゼンテーションに活用することができます。

Tableau Certified Data Analystは、データの視覚化に特化したスキルを持つことを証明し、キャリアアップに大いに役立ちます。

統計検定準1級

統計検定準1級は、統計学に関する高度な知識とスキルを証明する資格です。この資格を取得することで、複雑な統計手法を用いたデータ分析や研究の遂行能力を示します。

データアナリストにとって、統計学の深い理解は、データの解釈やモデル構築において非常に重要です。

例えば、多変量解析や時系列分析を用いたデータの解析が求められる場面で、この資格が活躍します。

統計検定準1級は、統計学に基づく高度な分析能力を持つことを証明し、専門的なデータ分析業務に対応できることを示します。

【実体験】データアナリストに転職するまでの3ステップ

データアナリストに転職するためのステップを、僕の実体験を交えてご紹介します。

未経験からデータアナリストとしてキャリアアップを目指す際に、どのように準備を進めれば良いのかを具体的に説明します。

Step1:データアナリストに強い転職エージェントに登録する

まず、データアナリストに強い転職エージェントに登録することが重要です。僕は、データアナリスト専門の転職エージェントに登録し、キャリア相談を受けました。

転職エージェントを活用することで、自分に合った求人情報を効率的に収集できますし、エージェントからのアドバイスを受けることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

例えば、僕が利用したエージェントでは、データアナリストとして求められるスキルや業界動向について詳しく教えてもらえました。

これにより、自分のキャリアプランを明確にし、どのようなスキルを習得すべきかが明確になりました。

ちるとも

僕が実際に使って良かった転職エージェントの体験談については、以下の記事で詳しく書いてます!

Step2:応募に必要な資格を取得する

次に、応募に必要な資格を取得することです。僕は、Tableau Desktop Specialistなどデータ分析に関連する資格を取得しました。

資格を取得することで、自分のスキルを客観的に証明することができ、転職活動において有利に働きました。

しかし、資格取得自体を目的とせず、あくまで「データアナリストに転職してキャリアアップをすること」を目的にすることが大切です。

資格はその手段の一つであり、実際の業務で役立つスキルを身につけることが重要です。

Step3:未経験可の求人を中心に応募していく

最後に、未経験可の求人を中心に応募していくことです。僕は、転職エージェントから紹介された未経験可の求人に応募し、いくつかの企業で面接を受けました。

未経験でも挑戦できる求人は意外と多く、自分の熱意や学んだスキルをアピールすることで、採用のチャンスを広げることができます。

転職活動を進める中で、どの求人にはどのスキルが求められているのかを事前に把握することも重要です。

転職エージェントを積極的に活用し、求人情報をリサーチすることで、自分に必要なスキルセットを明確にすることができます。

【Q&A】データアナリストの資格に関するよくある質問(FAQ)

データアナリストやデータ分析に関する資格取得を目指すにあたり、多くの人が気になりそうな質問を3つピックアップしました。

データアナリストにとって資格を取る際にどれくらいの勉強時間が必要ですか?

資格取得に必要な勉強時間は、個々の資格の難易度や自身のバックグラウンドによって異なります。

例えば、Tableau Desktop SpecialistやPython3 エンジニア認定データ分析試験などの基本的な資格は、1~2ヶ月間、毎日2~3時間の勉強で合格可能です。

一方、Oracle Master Silverや統計検定準1級などの高度な資格では、6ヶ月以上の集中的な勉強が必要です。

重要なのは、継続的に学習を進めることと、実際に手を動かしてスキルを身につけることです。

資格を取得するためのおすすめの勉強方法は何ですか?

資格取得のための効果的な勉強方法は、以下の3つです。

まず、公式テキストや参考書を活用して基本的な知識を身につけること。次に、オンライン講座や動画教材を利用して実践的なスキルを習得すること。そして、模擬試験や過去問題集を繰り返し解くことで、試験の形式に慣れ、弱点を補強することが重要です。

また、勉強仲間やオンラインコミュニティに参加して情報交換をすることで、モチベーションを維持しやすくなります。

資格取得後にデータアナリストとしてのキャリアをどう進めるべきですか?

資格取得後は、まずそのスキルを実務で活かせるようにしましょう。

転職活動を開始する前に、プロジェクトやインターンシップを通じて実務経験を積むことが有効です。

また、転職エージェントに登録し、キャリア相談を受けることで、自分の強みを活かせる求人を見つけることができます。

さらに、業界の最新トレンドや技術を学び続けることで、常に市場価値を高めることが重要です。

ちるとも

僕自身も、資格取得後に転職エージェントのサポートを受けながら、未経験からデータアナリストとしてキャリアアップを実現しました!

まとめ:必要な資格を取得し、データアナリストとしてキャリアアップを!

データアナリストとしてキャリアアップを目指すなら、必要な資格を取得することが重要です。今回紹介した資格を参考に、あなたのキャリア目標に合った資格を選び、スキルを証明しましょう。

資格を取得することで、転職市場での競争力が高まり、より良い職場環境や高い給与を得るチャンスが広がります。

例えば、Tableau Desktop SpecialistやPython3 エンジニア認定データ分析試験などの基本的な資格は、データ分析の基礎を固めるのに最適です。

一方、Oracle Master Silverや統計検定準1級などの高度な資格は、専門的なスキルを証明し、キャリアの幅を広げる助けになります。

特に、転職を考えている方は、転職エージェントの活用をおすすめします。僕自身も、転職エージェントのサポートを受けながら資格を取得し、年収を150万円以上アップさせることができました。

転職エージェントは、あなたの強みや適性を見極め、最適な求人を提案してくれます。

ちるとも

転職エージェントへの登録はたったの1,2分で完了し、利用は完全無料です!

データアナリストとしてのキャリアアップを実現するためには、まず転職エージェントに登録し、キャリア相談を受けることが一歩目です。

プロのアドバイスを受けながら、自分に合った資格を取得し、着実にステップアップしていきましょう。

あなたのデータアナリストとしての成功を祈っています。今すぐ行動を起こし、理想のキャリアを手に入れましょう!

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【実体験あり】データアナリストにおすすめの資格を難易度別に7つ紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次