【現役データアナリストが厳選】データ分析のおすすめ本・参考書5選!

【現役データアナリストが厳選】データ分析のおすすめ本・参考書5選!

データアナリストへの転職を考えているけど、どうすればいいのかわからない…そんなあなたはきっと多くの人が感じる疑問を抱えています。データ駆動の決定がますます重要になる現代において、データアナリストという職種は非常に魅力的なキャリアオプションです。

ちるとも

僕も元々は未経験からスタートしましたが、正しい学習リソースと転職サポートを得ることで、データアナリストとして成功する道を見つけることができました。

この記事では、データアナリストを目指す方におすすめの本5選を紹介し、未経験からでもこの分野で成功するための具体的なステップを解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • データアナリストとしてキャリアをスタートさせたい未経験者
  • データ分析のスキルを磨きたい人
  • キャリアアップを目指し、より高い収入を得たいデータアナリスト

ぜひこの記事を参考に、データアナリストとしての第一歩を踏み出し、充実したキャリアを築いてください。

データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

ちるとも

データアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

データアナリストとは

データアナリストとは、企業や組織の持つ膨大なデータから、有益な情報を抽出し、分析する専門職です。

この職種は、データの解釈や分析を通じて、ビジネス戦略の策定や問題解決の支援を行います。

僕がデータアナリストとして働く中で、特に大切だと感じているのは、データを「読む」能力です。

データをただ見るだけでなく、その背後にある意味を理解し、それをビジネスの改善につなげることが求められます。

たとえば、顧客の購買データから特定のトレンドを見つけ出し、マーケティング戦略に反映させることができます。

また、データアナリストには、統計学的な知識だけでなく、ビジネスセンスも非常に重要です。数値をどう解釈するかだけでなく、その結果をどうビジネスに活かすかが、この職種の真価を問われる部分です。

データの見方一つで、企業の未来が左右されることもありますから、その責任は大きいですね。

【現役データアナリストが厳選】データアナリストにおすすめの本5選

データアナリストとしてのスキルアップを目指している人に向けて、僕が実際に読んで役立った本を5冊紹介します。

これらの本は、データ分析の基本から応用まで、幅広い知識を習得できる内容が揃っています。

ビジネスシーンで直面する問題解決のためには、正しいデータ分析の知識が必要不可欠です。

ここで紹介する本は、それぞれ異なる分野に焦点を当てており、データアナリストとしての視野を広げるのに役立ちます。

『データ分析のリアル まるごとQ&A』<データ分析全般>

この本は、データ分析の現場でよくある疑問や課題に対して、Q&A形式で解説しています。

データ分析を始めたばかりの人でも、実際の問題解決のプロセスを追体験できるので、理解が深まります。

具体的なケーススタディを通じて、理論だけでなく、実践的な分析スキルも身に付けることができるため、非常に効果的です。

データをどのように整理し、どのような視点で問題にアプローチするかの実例が豊富に紹介されています。

『Tableauによる最強・最速のデータ可視化テクニック』<データ可視化>

Tableauはデータ可視化ツールの中でも特に人気が高いです。この本では、Tableauを使ってデータを効果的に視覚化する方法を、基本操作から応用テクニックまで詳しく説明しています。

データを視覚的に表現するスキルは、データアナリストにとって非常に重要です。

視覚化は、複雑なデータを理解しやすくするための最も強力な手段の一つです。

この本を通じて、データのインサイトを明確に伝えるための具体的な方法を学べます。

『集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析』<データ抽出>

SQLはデータ抽出やデータベース操作に必須の言語です。この本は、GoogleのBigQueryを使用して、実際にSQLを学ぶことができます。

初心者から中級者に向けて、実践的な演習が豊富に用意されているため、スキルアップに直結します。

データの抽出から分析までの流れを一貫して学べるため、データベースの基本的な構造や操作に関する理解も深まります。

『スッキリわかるPython入門』<データ分析>

Pythonはデータ分析や機械学習で広く使用されているプログラミング言語です。

この入門書は、プログラミングが初めての人でも理解しやすいように丁寧に書かれています。

データ分析のための基本的なコードの書き方から、データの操作方法まで学べます。

Pythonを使ったデータ分析技術は、今日のビジネス環境において非常に価値が高く、多くの業界で需要があります。

『指標・特徴量の設計から始める データ可視化学入門』<データ分析>

データ分析を行う上で、適切な指標や特徴量を設計することが成功の鍵を握ります。

この本では、データをどのようにして分析し、視覚化するかの基礎から応用までが解説されています。データに潜む価値を引き出す技術を身につけることができます。

特に、複雑なデータセットから有効な情報を抽出し、それを分かりやすく表現する方法についての知識は、データドリブンな意思決定を支える上で非常に役立ちます。

データ分析に関するこれら5冊の本は、データ分析の技術だけでなく、問題解決能力を養うのにも役立つでしょう。

それぞれの分野に特化した内容があり、基本的な知識を身につけたい人から、さらに深い理解を目指す人まで、広くおすすめできます。

これらの書籍を通じて、データアナリストとしての貴重なスキルと知識を身に付け、ビジネスシーンでの成功を目指しましょう!

【書籍で勉強した】未経験からデータアナリストに転職した僕の実体験

僕がデータアナリストに未経験から転職した経緯は、意外なほどシンプルです。重要なのは、データ分析に関する基礎知識をしっかりと学び、それを面接で如何にアピールできるかでした。

特に役立ったのは、『データ分析のリアル まるごとQ&A』と『集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析』の二冊です。

これらの本から、データ分析の基本的な技術だけでなく、実務で直面する問題への対処法も学びました。

面接の際、ポートフォリオは持っていませんでしたが、これらの書籍で得た知識を具体的な話として展開し、データアナリストとしての強い意志と熱意を表現しました。

若さと学びへの意欲を評価してくれる企業が多い今の時代、僕のような20代の未経験者でもチャンスがあります。

ちるとも

実際、データアナリスト求人で4社から内定を獲得できたんです!

しかし、書籍から学ぶことも大切ですが、実際には実務経験を積むことがもっと重要です。

理論だけでは得られない、データに対するインサイト(洞察)やビジネスへの影響を理解するためには、現場での経験が不可欠です。

ですから、ある程度の基礎知識が身についたら、積極的に転職活動を始め、実務に触れる機会を得ることをおすすめします。

この道を選んだからには、データアナリストとして常に学び続け、スキルを磨き続けることが必要です。

本を読むことで得られる知識は基盤となりますが、それを生かして発展させるためには、実際のデータと向き合い、それをビジネスの成果につなげる努力が求められます。

未経験からデータアナリストになるためのおすすめ3ステップ

未経験からデータアナリストへの転職は、具体的な計画と正しいアプローチが必要です。

僕が経験したこのプロセスは、戦略的にステップを踏んで進めることで成功につながりました。

ここでは、未経験者がデータアナリストとしてキャリアをスタートさせるための三つのステップを紹介します。

Step1:本や参考書でデータ分析の知識を身に付ける

データアナリストとしての旅は、まずは基礎知識から始まります。

『データ分析のリアル まるごとQ&A』や『スッキリわかるPython入門』のような書籍を読むことで、データ分析の基本的な技術やプログラミング言語の理解を深めることができます。

これらの知識は、データを扱う上での土台となり、さらなるスキルアップの基盤を築きます。

Step2:転職エージェントにキャリア相談する

知識を一定レベルまで身につけたら、次は転職エージェントへの相談です。

専門のエージェントは、業界の動向やどの企業が未経験者を受け入れやすいかなどの貴重な情報を提供してくれます。

また、履歴書の添削や面接対策など、具体的な転職活動のサポートも受けることができるため、成功率が格段に上がります。

Step3:未経験OKのデータアナリスト求人に応募する

最後のステップは、実際に求人に応募することです。未経験OKの求人を積極的に探し、応募します。

この際、書籍で学んだ知識やエージェントからのアドバイスを活かして、面接で自分の学びや熱意をアピールしましょう。

未経験でもポテンシャルを重視して採用する企業は多く、僕自身もそうした企業から内定を得ることができました。

この3ステップは、僕が実際に経験し、成功につながった方法です。

未経験からデータアナリストとしてのキャリアを築くには、まずは基礎からしっかりと学び、戦略的に転職活動を進めることが大切です。

そして、常に学び続ける姿勢を持つことで、この分野で成功し続けることができるでしょう。

【Q&A】データアナリストに関するよくある質問(FAQ)

データアナリストの転職やキャリアに関して、多くのデータアナリスト希望者が気になりそうな質問を3つピックアップしました。

データアナリストに必要なスキルは何ですか?

データアナリストには、主に統計学の知識、データの抽出や処理ができるプログラミングスキル(特にSQLやPython)、データを効果的に可視化する技術が必要です。

加えて、ビジネス理解も非常に重要で、分析結果がビジネス上の意思決定にどのように貢献するかを理解し、コミュニケーション能力も求められます。

未経験からデータアナリストになるためにはどのような本を読むべきですか?

未経験からデータアナリストを目指す場合、『データ分析のリアル まるごとQ&A』や『スッキリわかるPython入門』のような基本的なデータ分析技術をカバーする書籍がおすすめです。

これらは基礎から応用まで幅広く理解を深めるのに役立ちます。

また、『集中演習 SQL入門』のように実践的な演習を通じてSQLを学べる本も効果的です。

データアナリストへの転職にはどんな面接準備をすれば良いですか?

データアナリストの面接準備には、まず自分が学んだデータ分析の基本知識をしっかりと把握しておくことが重要です。

具体的なプロジェクトやケーススタディを準備しておき、分析のプロセスや使用したツール、得られた結果とそのビジネスへの影響を説明できるようにしてください。

また、実際に使用したデータセットや分析手法に関する質問に対応できるよう、事前に復習を行うこともおすすめします。

まとめ:書籍でデータ分析について学び、未経験からデータアナリストへ!

あなたが未経験からデータアナリストになることを目指しているなら、今こそ行動を起こす絶好のチャンスです!

本記事で紹介した書籍を活用すれば、データ分析の基本から応用までしっかりと学べ、未経験からでもデータアナリストとしてのキャリアをスタートさせることが可能です。

未経験からデータアナリストになるためのおすすめ3ステップ
  1. 本や参考書でデータ分析の知識を身に付ける
  2. 転職エージェントにキャリア相談する
  3. 未経験OKのデータアナリスト求人に応募する

特に、「データを活用した仕事に興味があるけれど、何から始めていいかわからない」という人には、これらの本がステップアップの道しるべとなるでしょう。

書籍で学んだ知識は、転職の面接で自己PRの材料としても活用できますし、実務に入った後のスキルアップにもつながります。

ちるとも

データ分析の世界への一歩を踏み出すのに、これらの本は非常に役立ちますよ!しかも、勉強を始めるのに特別な準備は必要ありません。

新たなキャリアをデータアナリストとしてスタートさせたいなら、まずはこれらの書籍から学び始めてみましょう。

あなたのデータ分析キャリアの旅は、今から始まります。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【現役データアナリストが厳選】データ分析のおすすめ本・参考書5選!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次