Tableau 2024.1の主な新機能をご紹介!【現役データアナリストが解説】

Tableau2024.1の主な新機能をご紹介!【現役データアナリストが解説】

Tableauユーザーの皆さん、こんにちは!

今回は、最新バージョンであるTableau 2024.1の主な新機能について詳しくご紹介します。

この記事では、現役データアナリストである僕が、Tableau初心者の人でも分かりやすいように解説します。

Tableauはデータ分析やビジュアライゼーションの強力なツールとして広く使われていますが、2024.1ではさらにその機能が強化されています。

新しい機能を理解し、活用することで、あなたのデータ分析が一層効率的かつ効果的になること間違いなしです。

この記事はこんな人におすすめ
  • Tableau2024.1の新機能について知りたいTableauユーザー
  • これからTableauを導入・利用しようと考えている人
  • 業務でTableauを使う「データアナリスト」という職種に興味がある人
ちるとも

僕自身の所感も交えて紹介しているので、ぜひ気軽に最新情報をチェックしてみてください!

データアナリスト(Tableau)転職の魅力について

Tableauを活用したデータアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリスト(Tableau)への転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

\ リモートワークOKのTableau求人多数! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

Tableauを活用したデータアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

Tableau Pulse(※新サービス)【2024.1新機能】

まず初めに、2024.1の一番の目玉である「Tableau Pulse」についてご紹介します。

2024.1から、ついにTableau Pulseが正式リリースされました!

Tableau Pulseとは、「誰もが簡単にデータを利用できるようにする」ことを目的としたサービスです。

主にビジネスユーザー向けのサービスとなっており、現在はTableau Cloud内でのみ利用可能です。

また、Tableau PulseはTableau AI(旧:Tableau GPT)の一部であり、Tableau AIは「①Tableau Pulse」と「②Einstein Copilot」、そして基盤となる「③Einstein Trust Layer」という3つのサービスで構成されています。

それぞれの特徴は、以下のとおりです。

①Tableau Pulse
  • 目的
    ┗「誰もが簡単にデータを利用できるようにする」
  • 対象者
    ┗ビジネスユーザー向け
  • 特徴
    ┗自然言語によるインサイトを自動生成
    ┗会話形式のUIでアドホックな質問に対する回答を提供
  • 機能
    ┗あなた自身にとって重要なメトリクスを表示してくれる機能
    ┗常に当日のメトリクスを表示
    ┗計算式を使用すれば、常に同じ日を 基準にすることも可能
  • リリース日
    ┗2024年2月24日(英語のみ)
②Einstein Copilot for Tableau
  • 目的
    ┗GAI(生成AI)を活用した、ダッシュボード作成の簡素化による、生産性の向上
    ┗例)製品内のヘルプ、処方的ガイダンス、反復タスクの自動化
  • 対象者
    ┗データ分析者向け
  • リリース日
    ┗2024年春ごろ
③Einstein Trust Layer
  • 概要
    ┗Tableau AIの基盤
  • 特徴
    ┗データの信頼性を高めるための基盤(Salesforce共通)
    ┗例)データマスキング
    ┗OpenAIのLLM(大規模言語モデル)を使用
    ┗データが保持されない

Tableau Prep【2024.1新機能】

続いて、Tableau Prep Builderに関するアップデート情報です。

重複行の特定

任意のフィールドに対して、「重複行の特定」を行えるようになりました。

重複行のあるフィールドを右クリック> 重複行の特定をクリックすると、下図のように「一意」と「重複」に分け られます。

この処理では、次のような計算式が生成し、重複判定をしてくれているようです。

IF ({PARTITION [オーダー ID]: { ORDERBY [行 ID] DESC: ROW_NUMBER() } } = 1)
THEN '一意'
ELSE '重複'
END

これにより、重複行があるかの確認や、重複している内容の確認が簡単になります!

また、重複行を除外することも可能です。

ちるとも

COUNT([オーダーID]) >1などの計算式をかませる必要がなくなるので、便利な機能ですね!

Excelのヘッダーとデータ開始行の設定

Excelファイルのヘッダー(フィールド名)が1行目にない場合に、ファイルのスキーマを簡単に指定できるよう になりました。

これにより、今までPrep接続前に手動で不要レコードを削除していた工程が不要になり、Prep側で処理を行えるようになります。

実は、1つ前のバージョンである2023.3では、csv(テキストファイル)のみ実装されていたのですが、今回 の2024.1でようやくExcelに対しても実装されました。

例えば下図のようなExcelの場合、1行目ではなく3行目をフィールド名にする必要があります。

この場合、Prep接続後の設定画面で「ヘッダーを設定」内のヘッダー行を3とすることで、3行目をヘッダー(フィールド名)にすることができます。

ちるとも

フィールド名が1行目にないことが多い官公庁のデータなども簡単に前処理ができるようになりそうですね!

Tableau Cloud【2024.1新機能】

最後に、Tableau Cloud(Tableau Pulseを除く)に関するアップデート情報です。

データストレージの拡張

Tableau Cloudのデータストレージが、標準で100GBから1TBに拡張されました。 

これにより、今までは100GB以上使用するユーザーは「Advanced Management Add-on」の購入が必須でしたが、データストレージ拡張のためだけに購入する必要がなくなりました。

なお、この拡張に伴い、下記ユーザーのデータストレージは1TBから5TBに拡張されます。

  • Advanced Management Add-onの利用ユーザー
  • Enterprise SKUの利用ユーザー
ちるとも

「Tableau Cloudが100GBまででは足りない!」というユーザーも多かったと思いますので、 今回のアップデートは神改正ですね!

クロス集計のVizナビゲーション

キーボード操作のみでクロス集計の詳細が確認できるようになりました。

手順は以下の通りです。

クロス集計表のキーボード操作手順
  • 「Tabキー」をクリックしていき、クロス集計表のシートを選択する
  • 「Enterキー」をクリックし、クロス集計表内の数値部分を選択する
  • 再度「Enterキー」をクリックする。ツールヒントが表示され、矢印キーでセルを移動できる
  • 「Shift+Enterキー」をクリックする。「データの表示」が表示され、矢印キーでセルを移動できる

これにより、マウスに依存せずに表の詳細が確認でき、Excel(スプレッドシート)に近い操作ができるようになりそうです!

多要素認証を備えたTableauの機能強化

すべてのTableau Cloudサイトユーザーに対して、MFA認証後にリカバリーコードの取得を促す画面が表示されるようになりました。

これにより、ユーザーが設定した認証方法(Salesforce Authenticator等)が使えないときでもログインできるようにし、不要なロックアウトを防ぐことにつながります。

なお、注意点は以下の通りです。

リカバリコード取得の注意点
  • 上記の画面で「キャンセル」を選択することは可能だが、ログイン時に毎回表示される
  • 「コードを取得」をクリックするとリカバリーコードが10個表示される(※保存必須!)
  • 10個のリカバリーコードを使い切るまでは、上記の画面は表示されない
  • 10個のリカバリーコードを使い切ると、再び上記の画面が表示される
ちるとも

多要素認証で設定しているデバイス(スマホ等)が使えないときや、機種変更してAuthenticatorが開 かないときなどに、不便にならずに済みそうですね!

アイドル状態のセッションタイムアウト短縮

VizQLセッションのタイムアウトが200分から30分に短縮されました。

Viz画面(※「編集」画面ではない)で何も操作せず30分以上経過すると、下図のようなアラートが発生し、再接続を促されます。

これによりメモリ使用量を最適化し、負荷の増加に対応するサーバー能力の向上につながります。

ちるとも

若干不便になるものの、無駄なリソースの使用を削減できるので、トータルで考えると良いバージョンアップですね!

まとめ

以上、Tableau2024.1の主な新機能について解説してきました。

個人的には、「Excelのヘッダーとデータ開始行の設定」の新機能が一番嬉しかったです。

実業務ではcsvと同じくらいExcelもデータソースとして使っているため、今後はPrepでの前処理がより一層簡単になりそうです!

Tableauはアップデート頻度が年3回あり、これからもまだまだ新たな機能が追加されていくと思います。Tableauの今後の新機能も非常に楽しみですね。

ちるとも

Tableauに置いていかれないように、皆さんも積極的に新機能のインプットをしていきましょう!

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Tableau2024.1の主な新機能をご紹介!【現役データアナリストが解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次