【真偽】「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」説は正しい?

【真偽】「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」説は正しい?
悩む女性

家賃がもったいないと思うけど、家を購入するのは怖いわ。。

悩む男性

家を購入した方が良いのか、賃貸のまま住み続けるべきか、ずっと悩んでます。。

「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」

最近耳にする上記の主張に対して、不安を感じている人は多いのではないでしょうか?

家を購入すると、資産価値の低下や経済状況の変化などさまざまなリスクが伴います。また、引っ越しの自由が制限されたり、老後の収入が減ったりする懸念もあるでしょう。

そこでこの記事では、「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」という主張に対して、その理由や反対意見について詳しく解説します。

ちるとも

持ち家も賃貸も、どちらが良い・悪いというわけではないので、あなたが納得できる方を選択しましょう!

また、持ち家がほしいと考えているのに金銭的な理由で家が買えないという人が本当に「みじめ」なのか?についても掘り下げます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」説が気になる人
  • 家を買うか賃貸にするか迷っている人
  • 金銭的に家が買えない自分はみじめだと思っている人

ぜひこの記事を参考に、今のあなたに最適な選択をして、充実した生活を送れるようになりましょう!

なお、僕自身はリクルートエージェントを使って未経験から「データアナリスト」という職種に転職したことで100万円以上の年収アップに成功し、今では「賃貸」「持ち家」どちらの選択肢も手に入れられています。

データアナリストは給与水準が高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いため、みんなにおすすめしたい職種です。

データアナリストの仕事内容や向いてる人の特徴については、以下の記事▼で詳しく解説しています。

\ 未経験からなるためのロードマップも丁寧に解説! /

ちるとも

現役データアナリストの僕が心からおすすめできる職種なので、どんな仕事なのかだけでもチェックしてみてください!

目次

「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」と言われる理由

「家賃がもったいないから」と言って家を購入することについては、以下のようなデメリットが指摘されています。

  • 家を買うと維持費がかかるから
  • 資産価値が下がるから
  • 簡単に引っ越せないから
  • 金利や経済状況の変動があるから
  • 老後の収入が減るから

ここでは、それぞれの理由について詳しく解説します。

家を買うと維持費がかかるから

家を購入すると維持費が発生します。例えば、建物や設備は経年劣化するので、修繕費やメンテナンス費用が必要です。

ちるとも

具体的には、屋根の修理外壁の塗り替え配管の交換などがありますね。

一方、賃貸ではこれらの費用を負担する必要がないため、維持費の観点からは賃貸の方がコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

資産価値が下がるから

日本の住宅は、購入時が資産価値のピークです。年数が経つとともに建物の価値は徐々に下がります。

これは特に一戸建ての場合に顕著で、将来的に売却を考える場合でも資産価値が減少していることを前提にしなければなりません。

出典:国土交通省『中古住宅流通、リフォーム市場の現状』

ちるとも

上図は中古戸建住宅の価格査定の例です。経年により市場価値がどんどん減っていってますね。。

また、日本の人口減少に伴い不動産の需要も減少することが予想されているので、長期的には資産価値の下落は避けられないでしょう。

簡単に引っ越せないから

持ち家は賃貸と違って簡単に引っ越すことができないです。

隣人トラブルや生活環境の変化に対応するために引っ越しを検討する場合、持ち家だとその柔軟性が失われます。

ちるとも

実際に僕の友人も、「隣人ガチャ」に外れて悩みを抱えているようです。。

賃貸であれば、トラブルが発生した際に比較的容易に引っ越すことができるので、生活の自由度が高いと言えます。

金利や経済状況の変動があるから

住宅ローンを組む際には、金利や経済状況の変動が影響を与えます。例えば、金利が上昇すると月々の返済額が増え、家計にとって大きな負担になるでしょう。

出典:日本経済新聞『金利上昇 試される耐性』

ちるとも

最近では欧米につられて日本も金利を引き上げ始めているので、注意が必要ですね。

また、経済状況の変動によっては収入が不安定になるリスクも考えられます。

これに対して、賃貸では基本的にこうした金利リスクを負うことはありません。

老後の収入が減るから

老後になると一般的に収入が減少します。そのため、定年後に住宅ローンを支払い続けることが難しくなる可能性があります。

ちるとも

持ち家の場合は、固定資産税などさまざまな「固定費」が発生し続けますね。。

一方、賃貸であれば収入が減少しても賃料の見直しや引っ越しによってコストを調整できます。

このため、老後の生活設計を考える上でも賃貸の方が柔軟性が高いとされています。

【メリット】「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」の反対意見

一方で、「家賃がもったいないから」と言って家を購入することに対して、以下のようにポジティブな意見もあります。

  • 社会的信用が上がる
  • 老後の住まいを確保できる
  • 住宅ローンが完済すれば負担が減る

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

社会的信用が上がる

家は高額なため、家を購入(所有)すると社会的信用が向上します。特に金融機関からの信用が上がり、ローンを組みやすくなるでしょう。

家を担保にすることで、他のローンを組む際にも有利になる場合があります。

ちるとも

持ち家は一種の「資産」として認識されるので、賃貸住まいに比べて信用力が高まりやすいです!

また、安定した住所を持つことが社会的に信頼されやすい要因となります。

老後の住まいを確保できる

家を購入することで、老後の住まいを確保することができます。

ちるとも

賃貸だと、老後の収入が減った時に家賃を支払い続けることが困難になる可能性もありますよね。。

持ち家であれば、住宅ローンが完済すれば住居費の大部分が不要となり、安定した生活が確保されます。

また、家族に財産として残すことも可能であり、将来的な安心感が得られる点も大きなメリットです。

住宅ローンが完済すれば負担が減る

住宅ローンを完済すると、月々の支出が大幅に減少します。

賃貸では家賃を永続的に支払い続ける必要がありますが、持ち家の場合、ローンを完済すればその後の住居費は主に維持費や税金程度となります。

そのため、長期的な視点で見ると持ち家の方がトータルコストが低くなる可能性があるでしょう。

ちるとも

完済後はその家が完全に自分の資産になるので、売却や賃貸として自由に活用できちゃいますね!

以上のようなメリットを考慮すると、家を購入することには一定の合理性があります。

特に、長期的な視点や将来のライフプランを考える際に、持ち家がもたらす安定感や社会的信用の向上は無視できない要素でしょう。

したがって、「家賃がもったいないから」と言って家を購入することには、一定の理論的裏付けがあると言えます。

持ち家か賃貸か?迷った時の3つの判断基準

「持ち家か賃貸か?」

この永遠の疑問に直面する人は多いです。

ちるとも

特に、結婚して子供が生まれた20代後半〜30代の人の多くがこの悩みに直面しています。

ここでは、判断基準として3つの重要なポイントを紹介します。

  • 「200倍の法則」で決める
  • 老後のライフスタイルで決める
  • 資産としての価値で考える

これらの基準を考慮することで、あなたのライフプランにとって最適な選択が見えてくるはずです。

「200倍の法則」で決める

持ち家か賃貸かを決める際の一つの方法として、「200倍の法則」があります。

この法則は、購入時に支払う総額と賃貸の家賃を長期的に比較するための一つの目安となります。

ちるとも

もちろん、この法則だけで決めるのではなく、他の要素も考慮することが重要ですよ!

老後のライフスタイルで決める

持ち家に住むか賃貸に住むかを、老後のライフスタイルで決めるのもおすすめです。

持ち家は、住宅ローンを完済すれば住居費が大幅に減少して安定した生活が送れます。

一方、賃貸では家賃を払い続ける必要がありますが、老後の収入減少に対してフレキシブルに対応できるといったメリットがあります。

ちるとも

もし収入が想定以上に減ってしまった場合、賃貸であれば家賃の安い場所に引っ越すのも比較的簡単です!

また、持ち家は相続財産として残せますが、固定資産税やメンテナンス費用がかかる点も考えておく必要があるでしょう。

このため、あなたやご家族の老後の収入やライフスタイルを考慮して決めることが大切です。

資産としての価値で考える

持ち家は資産となりますが、その価値が下がるリスクも存在します。住宅の価値は築年数とともに下がり、不動産市場の変動によっても影響を受けます。

ちるとも

リセールバリューが悪く、購入価格より売却価格が低い場合には、損失が発生する可能性もあります。。

一方、持ち家は将来的に売却や賃貸として活用することができ、収益を得ることも可能です。

資産としての価値を考える際は、地域の将来性や物件の状態なども検討し、長期的な視点で判断することが重要になります。

「そもそも家が買えない」という人はみじめなのか?

結婚して自分の家族ができた20代〜30代の人は、「賃貸に住み続けるより、持ち家を買いたい!」と思い始める傾向にあります。

しかし、経済的な理由で買えない家を買うことができず、「家が買えない自分は本当にみじめだ…。」「このままずっと賃貸生活なのだろうか…。」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、家を買うお金がない人は決してみじめではありません!

むしろ、賃貸で住み続けることには多くのメリットがあります。例えば、賃貸は住み替えが自由で、転勤やライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

ちるとも

賃貸では修繕費やメンテナンス費用を大家が負担するので、予期せぬ出費も回避できますよね!

とはいえ、家を買いたくても金銭的な問題で持ち家を諦めている人もいるかもしれません。

このような人は、まずは収入を上げることに専念するのがおすすめです。収入が増えれば、将来的に持ち家を購入する可能性が広がりますし、賃貸であっても生活の質を向上させることができます。

ちるとも

お金なんかのことで選択肢を狭めないようにするために、まずは稼ぐ力を高めていきましょう!

【誰でもできる!】家を買うために今日から始めるべき行動

「家族のためにマイホームを買いたい!」という人へ。家を購入するために、今日から始められる具体的な行動があります。

ここでは、今すぐ誰でもできる方法を3つご紹介します。

  • 年収アップを目指して転職活動を始める
  • 副業を始めて副収入を得る
  • メルカリで不用品販売をする

年収アップを目指して転職活動を始める

家を購入するために収入アップを目指すなら、まずは転職活動を始めることが最も効果的です。

特に、ITをはじめとした需要の高い業界・職種に転職することで、収入の大幅アップが見込めます。

ちるとも

実際に僕も、未経験からIT職種(データアナリスト)に転職し、年収を合計150万円以上アップできましたよ!

転職活動を始める際は、あなたのスキルや実務経験にマッチした求人を探すために転職エージェントを利用するのが圧倒的におすすめです。

ちるとも

上記▲の記事では、実際に僕が20代で年収100万円アップの転職に成功した時に意識した重要ポイントを解説しています!

副業を始めて副収入を得る

副業を始めて本業以外の副収入を得ることで、家を購入するための資金を増やすことができます。

副業は、Webライティングやプログラミング、せどりやウーバーイーツなど、さまざまな選択肢があります。

ちるとも

僕も副業としてブログ『データアナリストの教科書』を始めて、本業以外の副収入を得ていますよ!

なお、副業を選ぶ際は、あなたの得意分野や興味のある分野から始めてみることが成功の鍵です。

悩む男性

そんな事言われても、、自分の得意分野がわからないし副業で失敗したくないよ。。

このように副業に始めるにあたり不安を抱えている人は、以下の動画で「失敗しないための副業選びのポイント」を学んでおくと良いでしょう。

メルカリで不用品販売をする

メルカリやラクマなどのフリマアプリを活用して不用品を販売することも、手軽に始められる収入源の一つです。

自宅に眠っている不要な物を売ることで、予想以上の収入が得られることがあります。

また、家計の足しになるだけでなく、家の整理整頓にも役立つということも大きなメリットの一つと言えるでしょう。

ちるとも

僕も定期的にメルカリを利用していて、すでに利益ベースで10万円以上稼げましたよ!

【未経験でもOK】年収が上がりやすいおすすめ職種ベスト3

未経験からでも高収入を狙える職種は少なくありません。

ここでは、その中でも特におすすめの職種を3つに絞ってご紹介します。

  • データアナリスト<筆者の実体験>
  • ITエンジニア
  • 営業職(特にIT業界や金融業界)
ちるとも

どれも専門知識が求められますが、しっかり努力して勉強すれば大幅なキャリアアップが見込める職種ばかりですよ!

データアナリスト<筆者の実体験>

データアナリストとは、企業の意思決定をサポートするためにデータを分析する専門家です。

僕自身も未経験からデータアナリストに転職し、合計150万円以上の年収アップに成功できました。

まずは転職エージェントとキャリア面談をして、データアナリストに必要なデータ分析スキルを学ぶことから始めました。

ちるとも

具体的には、ExcelやSQL、Pythonといったデータ分析ツールの基礎知識を、市販の参考書を使って学びましたよ!

データアナリストとしてのキャリアは、データを用いてビジネス上の課題を解決することで非常にやりがいがあります。

ちるとも

例えば、ECサイトにおける顧客の行動パターンを分析してマーケティング戦略を改善した経験があります!

このように、自分の分析が実際のビジネス成果に直結する点が魅力です。

データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です!

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って二度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめです。

ただ、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下▼の記事で探してみてくださいね!

\ フルリモートの優良求人を多数紹介してもらえる! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

未経験者も経験者も、絶対に転職エージェントを利用しましょう!僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

ITエンジニア

ITエンジニアは、システム開発やネットワーク構築を行う職種で、未経験から転職しても大幅な年収アップが見込めます。

特にプログラミングスキルは需要が高いため、オンライン講座やプログラミングスクールを利用して基本的なコーディングスキルを学ぶのがおすすめです。

ちるとも

まずはProgateを使ってJavaScriptなどを触ってみて、プログラミングが楽しいと感じたらデイトラを受講するのが王道コースですよ!

例えば、Web開発の基礎を学び、ポートフォリオを作成することで転職活動に役立ちます。IT業界は成長が続いているので、キャリアアップのチャンスが豊富です。

営業職(特にIT業界や金融業界)

営業職は、商品やサービスを顧客に提供する役割を担います。

特に、平均年収の高いITや金融といった業界の営業職は高い報酬が期待できるため、年収を大幅にアップさせることが可能です。

ちるとも

僕の友人も金融業界の営業職に転職して、20代で年収1,000万円を超えてました!

営業職に求められるスキルは、コミュニケーション能力や交渉力などですが、これらのスキルは実務経験を積んでいくことで向上します。

まとめ:持ち家でも賃貸でもお金は必要。年収アップして選択肢を広げよう!

持ち家と賃貸、どちらを選んでもお金は必要です。

持ち家は住宅ローンや固定資産税、メンテナンス費用がかかります。一方、賃貸は毎月の家賃を払い続ける必要があります。

そのため、どちらを選ぶにしても経済的な余裕が重要です。年収をアップさせることで選択肢を広げ、より良い住まいを手に入れることができます。

収入アップのために始めるべき行動3選
  1. 年収アップを目指して転職活動を始める
  2. 副業を始めて副収入を得る
  3. メルカリで不用品販売をする

特に、大幅な収入アップを目指したい人には「転職」が最もおすすめです。

また、転職活動を始める際は、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーのサポートを受けながら進めていきましょう!

あなたのスキルや適性に合った求人を“転職のプロ”から提案してもらえるため、スムーズにキャリアアップできる可能性が高まりますよ。

\ フルリモートの優良求人を多数紹介してもらえる! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

まずは無料でキャリア相談してみるのが、年収アップへの近道ですよ!

今すぐ行動を起こして、充実した未来を手に入れましょう。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【真偽】「家賃がもったいないとか言って家を購入するバカって頭悪いよね」説は正しい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次