【現役データアナリストが解説】データアナリストはやめとけ!と言われる5つの理由

【現役データアナリストが解説】データアナリストはやめとけ!と言われる5つの理由
悩む男性

データアナリストって本当に大変そう…でも、実際はどうなの?

データアナリストとしてのキャリアに興味はあるけれど、ネットで見る「やめとけ」という声に不安を感じていませんか?

実は、データアナリストとしての働き方は多様で、フルリモートやフルフレックスの働き方も可能です。

収入も高く、技術を磨けば磨くほど市場価値が上がるため、キャリアアップのチャンスも豊富にあります。

そこで本記事では、データアナリストは「やめとけ」と言われている主な理由と、データアナリストに向いている人・向いていない人の特徴について、現役データアナリストの僕が丁寧に解説します。

ぜひこの記事を、データアナリストとしてキャリアアップする際の判断基準にしていただければと思います。

データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

ちるとも

データアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

データアナリストは「やめとけ」と言われる主な5つ理由

データアナリストという職業は、企業や研究機関が抱える様々な問題を解決するためにデータを分析し、インサイト(洞察)を提供する非常に重要な役割を担っています。

しかしながら、この職種には固有の難しさやストレスが存在し、時には「やめとけ」という声も上がります。

ここでは、データアナリストは「やめとけ」と言われている主な理由について5つご紹介します。

データ収集などの地味な仕事が中心でキツそう

データアナリストの日常業務は、一般に想像されるよりも遥かに地味で、データの収集や前処理といった基本的な作業に多くの時間を割いています。

これらの作業はデータ分析の基盤を作る非常に重要なプロセスであり、データの質が分析結果の精度を大きく左右するため、細心の注意を払う必要があります。

具体的には、膨大なデータベースから必要な情報を抽出したり、データに含まれる誤りや不整合を訂正する作業です。

これらは一見単純で退屈に見えるかもしれませんが、プロジェクトの成功には不可欠で、高い集中力と正確性が求められるため、精神的にも肉体的にも負担が大きいのです。

仕事量が膨大で激務になりそう

データアナリストの仕事は、単にデータを扱うだけでなく、その分析結果をもとに詳細なレポートを作成したり、プレゼンテーションを行うことも求められます。

プロジェクトの規模にもよりますが、特に大規模なデータセットを扱う場合には、仕事の量が非常に多くなります。

これにより、締め切りに追われることが多く、夜遅くまで残業することも少なくありません。

ただし、この点については、時間管理能力や効率的な作業方法を身につけることで、多少の改善は期待できます。

また、分析ツールの進化や自動化技術の導入により、これからの数年で作業負荷が減少する可能性もあります。

将来的にAIに仕事を奪われそう

AI技術の発展に伴い、データ分析の一部が自動化されることは確実です。これは、簡単な統計処理やデータの可視化など、ルーティンワークの一部をAIが担うことを意味します。

しかし、AIが代替できない領域も多く、特に戦略的な意思決定や複雑な問題の解析には人間の創造性や感覚が必要です。

データアナリストとしては、AIの進展を脅威ではなく、自身のスキルセットを拡大し、より高度な分析業務に集中できる機会と捉えることが重要です。

AIと協働することで、より複雑で価値の高い問題解決が可能になります。

高度で幅広いスキルを求められそう

データアナリストには、統計学や数学の知識だけでなく、プログラミングスキル(特にPythonやRなどの言語)、ビジネス理解も求められます。

これらのスキルを習得するには、確かに時間と努力が必要ですが、一度身につければ、非常に多くの分野で活躍することができます。

具体的には、マーケティング分析、財務予測、製品開発など、データを活用することで重要なビジネスの意思決定を支援することが可能です。

したがって、これらのスキルを学ぶことは、将来的に職業選択の幅を広げ、キャリアの安定性を向上させることに繋がります。

技術スキルだけでなくビジネススキルも必要そう

データアナリストは技術的なスキルだけではなく、分析結果をどのようにビジネス戦略に結びつけるかが非常に重要です。

これには、データに基づいて得られた洞察を明確かつ効果的にコミュニケーションする能力が求められます。

たとえば、分析結果を使って新しい市場の機会を発見したり、リスクを回避するための戦略を提案したりする場合、その提案が経営層や関連部署に正しく理解され、受け入れられるかどうかがプロジェクトの成功に直結します。

そのため、データアナリストにとって優れたプレゼンテーションスキルや影響力のあるコミュニケーションは不可欠な能力の一つです。

これらのスキルを身につけることで、技術的な分析だけでなくその分析を活かした実践的なビジネスの改善提案が可能になり、データアナリストとしての価値を一層高めることができます。

【カンタン解説!】データアナリストの仕事内容とは?

データアナリストとは、データを収集・解析することで、ビジネスの課題解決に貢献する専門職です。

具体的には、市場調査や顧客データから有益な情報を抽出し、企業がより良い意思決定を行えるよう支援します。

この仕事は、データの「見える化」に重点を置いており、統計学やプログラミングなどの技術を駆使して、データから意味あるパターンやトレンドを読み取ります。

僕がデータアナリストとして働く中で感じているのは、ただ単にデータを分析するだけでなく、その結果をどうビジネス戦略に活かすかが非常に重要だということです。

例えば、顧客の購買データを分析して、特定の商品の売上が低下している原因を突き止め、マーケティング戦略の見直しを提案することがあります。

このように、データアナリストは分析結果をもとに具体的なアクションプランを提案することで、企業の成長に直接貢献することが可能です。

また、データアナリストには技術的なスキルだけでなく、ビジネスへの深い理解も求められます。市場の動向や業界の特性を理解することで、より有効なデータ解析ができるためです。

データアナリストは、これらのスキルをバランス良く持ち合わせることで、企業内で重要な役割を果たすことができます。

【現役データアナリストが語る】データアナリストに向いている人の特徴3選

データアナリストとして成功するためには、特定の性格特性や能力が非常に重要です。

この職業はただデータを扱うだけではなく、そのデータから価値あるインサイトを引き出し、意味ある情報に変換することが求められます。

ここでは、データアナリストに向いている人の3つの特徴について、現役データアナリストの僕の経験も踏まえて解説します。

論理的思考能力がある人

データアナリストには論理的思考が不可欠です。データセットを分析し、その中に隠されたパターンやトレンドを見つけ出し、それが何を意味するのかを理解する能力が求められます。

例えば、売上データから季節による変動を識別し、それをもとに次の四半期の販売戦略を立てる場合、論理的にデータを解析して有効な結論を導き出す能力が必要です。

このプロセスは、仮説を立て、データを用いてその仮説を検証するという形で進められます。

1人で作業するのが好きな人

データアナリストの仕事は、多くの時間を1人でデータと向き合うことが多いです。このため、自己管理能力が高く長時間集中して作業できる人に適しています。

独立して作業を進めることが多い一方で、分析結果を他のチームメンバーや経営層に説明する場合もあるため、適度なコミュニケーションスキルも必要です。

しかし、基本的には自分自身で課題を設定し、解決策を見つけることが多いため、自立して作業を進められる能力は不可欠です。

数学やデータ分析が得意な人

最後に、データアナリストには数学的なスキルが非常に重要です。

統計学、確率論、そしてデータのビジュアリゼーション技術など、数学的な知識を活用してデータから意味ある情報を抽出する能力が求められます。

例えば、顧客の行動パターンを解析するために統計モデルを構築し、それをもとにマーケティング戦略を調整するなど、データを基にした意思決定が求められるため数学や統計学に強い背景があると非常に有利です。

これらの特徴を持つ人は、データアナリストとしての道を歩む上で大きなアドバンテージを持つことになります。

データを扱う技術だけでなく、それをビジネスや研究の文脈でどう活かすかを考えることができれば、より価値あるアナリストとなるでしょう。

【現役データアナリストが語る】データアナリストに向いてない人の特徴3選

データアナリストの仕事は、特定のスキルや性格特性が求められるため、すべての人に適しているわけではありません。

ここでは、データアナリストとして向いていないかもしれない人の特徴を、僕の経験から挙げてみたいと思います。

ちるとも

これらの特徴があるからといって絶対に無理というわけではありませんが、職業選択を考える一つの参考になればと思います!

数学やデータ分析に苦手意識がある人

データアナリストには、数学や統計学の基本的な知識が必須です。データを解析し、有意な結果を導き出すためには、数学的なアプローチが求められます。

例えば、仮説検定や回帰分析など、基本的な統計手法を理解していないと、データから正確な情報を引き出すことが難しくなります。

数学が苦手で、それを克服する意欲がない場合、データアナリストとしての業務は困難に感じるかもしれません。

コミュニケーション能力が低い人

データアナリストは分析結果を他のチームメンバーや上司、クライアントにわかりやすく伝える能力が求められます。

データのインサイトを他人に説明することが難しいと感じる人は、この仕事に適していないかもしれません。

プレゼンテーションスキルやレポート作成能力は、データ分析の結果を効果的に活用する上で非常に重要です。

これらのスキルが不足していると、せっかくの分析もその価値を十分に伝えることができません。

新しい知識に対する学習意欲が低い人

データアナリストの分野は常に進化しているため、新しい技術や手法を学び続ける必要があります。

例えば、新しいプログラミング言語の習得や最新の分析ツールの使用方法を学ぶことが求められることが多いです。

学習に対する意欲が低く、新しいことを学ぶことに抵抗がある人は、この速いペースについていくのが難しいかもしれません。

【Q&A】データアナリストに関するよくある質問(FAQ)

データアナリストという職業について、多くの疑問が寄せられます。

ここでは、特によくある質問をピックアップし、それに答えていきたいと思います。

ちるとも

これらの回答が、データアナリストという職種への理解を深める助けになれば幸いです!

データサイエンティストとの違いは?

データアナリストとデータサイエンティストの違いは、主に扱うデータの種類と解析の深さにあります。

データアナリストは主に記述統計と探索的データ分析を行い、ビジネスの日常的な意思決定を支援するための洞察を提供します。

これに対して、データサイエンティストはより高度な統計分析、機械学習、予測モデリングを用いて、データから新しいパターンを発見し、より複雑な問題解決を行います。

データサイエンティストはプログラミングやアルゴリズム設計にも深い知識を持っているため、より技術的なスキルが求められます。

ちるとも

データサイエンティストとの違いについては、以下の記事で詳しく解説していますよ!

データアナリストは将来的にAIに代替されてしまう?

AIの進化により、データアナリストの仕事が自動化される可能性はありますが、全てが代替されるわけではありません。

AIはルーティンワークや単純なデータ処理を自動化できますが、ビジネスの文脈でデータを解釈し、戦略的なインサイトを提供する能力はまだ人間特有のものです。

データアナリストは、AIが生成したデータをビジネスや経営の意思決定にどう活用するかを考える重要な役割を担います。

したがって、AIと協働しながら、より複雑で創造的な分析に注力することが、将来的なキャリアの鍵となるでしょう。

ちるとも

データアナリストの将来性と今後の需要について、以下の記事も参考にしてみてください!

データアナリストに必要な最も重要なスキルは何ですか?

データアナリストにとって最も重要なスキルは、統計学とデータ管理能力です。

統計学の知識は、データを正確に分析し、意味ある結果を導き出すために不可欠です。

また、データを効率的に収集、整理、保管するデータ管理技術も同様に重要です。

さらに、これらの技術的スキルに加えて、ビジネス理解とコミュニケーション能力も求められます。

データから得られるインサイトをビジネス戦略にどう活かすかを考え、他部門や上層部にその価値を効果的に伝えることができるかが、データアナリストの成果を左右します。

まとめ:データアナリストに転職してキャリアアップを目指そう!

データアナリストとしてキャリアアップを目指すなら、今が行動を起こす絶好のチャンスです!

データアナリストに向いている人の特徴3選
  1. 論理的思考能力がある人
  2. 1人で作業するのが好きな人
  3. 数学やデータ分析が得意な人

特に「データ分析のスキルはあるけれど、現在の職場ではその能力を活かしきれていない」と感じている人には、転職エージェントへの登録が特におすすめです。

プロのエージェントは、あなたのスキルやキャリアの希望を理解し、市場の需要に合った新しい職を見つける手助けをしてくれます。

ちるとも

登録は簡単で、何よりも完全無料です。データアナリスト求人を紹介してもらうだけでも価値が高いので、今すぐ試してみてください!

データアナリストとしてのキャリアを次のレベルに引き上げたい場合、転職エージェントは大きな助けとなるでしょう。

ぜひこの機会に新しい一歩を踏み出して、充実したプロフェッショナルライフをスタートさせましょう。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【現役データアナリストが解説】データアナリストはやめとけ!と言われる5つの理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次