【データアナリストとは?】仕事内容や魅力、未経験からでもなれる方法を完全解説!

【データアナリストとは?】仕事内容や魅力、未経験からでもなれる方法を完全解説!
悩む男性

データアナリストって具体的にどんな仕事をするんだろう?

悩む女性

未経験の私でもデータアナリストになれるのかしら…?

データアナリストに興味を持っている人や、未経験からでも挑戦できるのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

また、「お金が貯まらない…」「満員電車がツラい…」といった日常の悩みに対する解決策として、データアナリストへの転職を検討している人も多いかもしれません。

ちるとも

実際に僕も、「フルリモート」「給与水準が高い」といった言葉に惹かれて、未経験からデータアナリストへの転職を目指しました!

近年、データの利活用を推進する企業が増加傾向となっており、データアナリストの需要が非常に高まっています。

そこでこの記事では、データアナリストの仕事内容や魅力、そして未経験からデータアナリストに転職するまでのロードマップを完全解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 年収アップや柔軟な働き方を求めている人
  • データアナリストという職種に興味がある人
  • 未経験でもデータアナリストになれるのか不安な人

ぜひこの記事を参考に、データアナリストとしてキャリアアップする魅力を知り、あなたが本当に望んでいるビジネスライフを実現してください!

データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは給与水準も高く、フルリモートやフルフレックスなど働き方の自由度も非常に高いので、今の会社に不満がある人全員におすすめしたい職種です!

未経験からデータアナリストに今すぐなりたい人は、転職エージェントを使うのが圧倒的におすすめ。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

ちるとも

フルリモート勤務になったことで友達や家族と過ごす自由な時間が増え、”地獄の”満員電車からも開放されました…!

そして2年後には、マイナビITエージェントを使って二度目のデータアナリスト転職。年収を50万円以上アップさせて今に至ります。

個人的には、上記2つの転職エージェントが最もおすすめです。

ただ、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下▼の記事で探してみてくださいね!

\ フルリモートの優良求人を多数紹介してもらえる! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

未経験者も経験者も、絶対に転職エージェントを利用しましょう!僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

データアナリストの主な仕事内容は?

データアナリストの仕事の目的は、データを使って企業の課題を解決することです。

大量のデータを収集・整理し、分析・可視化を通じて有益な洞察(インサイト)を得て、ビジネスの意思決定に役立てます。

これにより、企業は効率的な組織運営をしたり、戦略的な計画を立案したりできるようになります。

データアナリストの主な仕事内容は、以下の3つです。

データアナリストの主な仕事内容
  • データの抽出・整理
  • データの分析・可視化とレポート作成
  • 分析結果をもとにした改善提案

多くのデータアナリストは、この中の1つを主軸に据えつつ、他の2つをサブとして担当することが多いです。

ちるとも

ちなみに僕は、②をメイン業務として行いつつ、サブとして①や③にも携わっています!

それぞれの仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

①データの抽出・整理

データを分析する際、企業の内部データや外部のデータベースなど様々なソースからデータを収集しますが、そのままの形では分析に使えないことが多いです。

そのため、まずはデータベースやクラウドなどから必要なデータを抽出し、分析可能な形に整理する必要があります。

例えば、SQLを使ってデータベースからデータを抽出したり、PythonやRを使ってデータの前処理(データのクリーニングや変換、欠損値の処理など)を行います。

ちるとも

僕も実際の業務では、SQL(BigQuery)を使って分析に必要なデータテーブルを作ることがほとんどです!

データの整理がしっかりしていないと、後の分析結果に誤りが生じる可能性があるため、「①データの抽出・整理」はデータ分析業務において非常に重要なステップです。

ちるとも

「難しそうかも…」と感じた人は、まずは以下▼の記事でおすすめしている参考書を1,2冊買って勉強してみると良いですよ!

②データの分析・可視化とレポート作成

①で分析に必要なデータテーブルを作成した後に行うのが、データの分析と可視化です。

ちるとも

現役データアナリストの僕が“ド真ん中”で携わっている業務です!

例えば、売上データを分析して季節ごとの変動を明らかにしたり、顧客データをクラスタリングしてターゲット層を特定したりします。

得られた結果は、経営陣や他の部門が理解しやすいようにグラフ(チャート)を使って可視化する必要がありますが、この際によく用いられるのが、TableauやPower BIをはじめとした「BIツール」です。

BIツールとは、「企業が持つさまざまなデータを分析・見える化して、経営の意思決定に役立てるソフトウェア」であり、視覚的に分かりやすいレポートを作成してビジネスの意思決定をサポートします。

ちるとも

僕はTableauをメインで使ってます!以下は、僕が実際にTableauで作ったグラフのサンプルです!

出典:Tableau Public(ちるとも)

③分析結果をもとにした改善提案

BIツールで分析・可視化した結果をもとに、最後は顧客に対してビジネスの改善提案を行います。

ちるとも

具体的には、改善施策の実行計画やKPIの設定、効果測定のためのモニタリング計画などがあります!

ここでデータアナリストに求められるのは、データから得たインサイトを実際のビジネス課題に結びつける力です。

例えば、顧客の購買パターンを分析してマーケティング戦略の見直しを提案したり、在庫管理の効率化を図るための具体的な手法を提案したりします。

また、提案内容を実行するためのロードマップを作り、必要なリソースやステップを明確にします。

こうした提案が企業の業績向上に直接繋がるため、データアナリストの役割は非常に重要です。

ちるとも

こういったプロセスを通して、データアナリストは企業の意思決定をデータ活用によってサポートしているんです!

データアナリストという職種の魅力3選

データアナリストは、データを分析してビジネスの意思決定を支援する重要な役割を果たします。

この職種には多くの魅力がありますが、特に以下の3つのポイントが挙げられます。

「データアナリスト」という職種の魅力
  • 給与水準が高く、年収アップできる可能性が高い
  • フルリモートなど柔軟な働き方ができる
  • 未経験から転職できる求人が多い
ちるとも

高年収かつ自由な働き方ができるのに未経験からの転職ができるので、データアナリストへの転職は本当におすすめですよ!

給与水準が高く、年収アップできる可能性が高い

データアナリストは、他の職種と比べても高い給与水準が期待できる職種です。多くの企業がデータ分析の重要性を認識しており、そのスキルを持つ人材には高い報酬が支払われます。

実際、データアナリストの平均年収は一般的な職種よりも高めに設定されています。

例えば、データアナリストの年収は日本国内でも600万円を超えることが普通で、実務経験を積むことでさらなる年収アップが見込めます。

ちるとも

データアナリストの年収事情については、以下▼の記事で詳しく解説してますよ!

フルリモートなど柔軟な働き方ができる

データアナリストは、リモートワークやフレックスタイム制度を導入している企業が多く、非常に柔軟な働き方ができる職種です。

データ分析の多くはパソコンとインターネット環境があればどこでも行えるため、自宅やカフェなど自分の好きな場所で働くことができます。

実際にSNS(X)▼でも、リモートワーク勤務している現役データアナリストが数多く見受けられました。

スクロールできます
ちるとも

僕もフルリモート&フルフレックスなので、毎日自宅でぬくぬくと楽しく仕事をしています!

これにより通勤時間を削減できるだけでなく、ワークライフバランスを整えることにも繋がります。

企業によってはリモートワークを推奨しているところもあるため、柔軟な働き方を求める人にとってデータアナリストは非常に魅力的な職種といえるでしょう。

未経験から転職できる求人が多い

データアナリストは、他のIT職種(ITエンジニア、データサイエンティストなど)と比べて未経験からでも転職できる求人が多いのが魅力の1つです。

企業によってはポテンシャル採用を行っているところも多く、やる気と学ぶ意欲さえあれば未経験からでもチャレンジできる環境が整っています。

実際、転職サイトdodaで調べてみたところ、データアナリスト求人全体(1,321件)の約1/4にあたる285件が未経験OKの求人となっていました。(下図)

出典:doda

ちるとも

実際に僕も、リクルートエージェント▼を使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップできたんです!

企業はデータアナリストに必要なスキルを社内で育成するプログラムを用意していることが多く、入社後に研修を受けることで専門知識を身につけることができます。

そのため、まずは未経験からデータアナリストへ転職し、会社で研修を受けたり実務経験を積んだりしながらスキルアップをすることで、さらなる収入アップを目指していきましょう!

【実体験】未経験からデータアナリストになる完全ロードマップ

未経験からデータアナリストになる完全ロードマップ
STEP
転職エージェントに登録する
STEP
転職サイトに登録する
STEP
履歴書・職務経歴書を作成する
STEP
データアナリスト求人にエントリーする
STEP
データアナリストに最低限必要なスキルを身に付ける

未経験からデータアナリストに転職するのは簡単ではありませんが、正しいステップを踏めば十分に可能です。

未経験からデータアナリストへの転職に成功した僕の実体験をもとに、具体的なステップを紹介します。

ちるとも

僕も上記▲のステップで実際にデータアナリストになれたので、まずはそのままマネしてみるのがおすすめですよ!

各ステップについて、詳しく見ていきましょう。

Step1:転職エージェントに登録する

第一ステップとして、まずは転職エージェントへの無料登録から始めましょう。

転職エージェントは、あなたのスキルや希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策など転職活動全般にわたるサポートをしてくれます。

ちるとも

僕が利用した時は、職務経歴書を何度もブラッシュアップしてもらいました。その結果、書類選考通過率が大幅に上昇したんです!

転職エージェントのサポートを受けることで、転職活動がスムーズに進むだけでなく、非公開求人にアクセスできるといったメリットもあります。

ちなみに僕は、下記3社の転職エージェントを使って、実際にデータアナリストへの転職を成功させました。

どれを使うべきか迷ってしまう人は、とりあえずこの3社に登録してキャリア相談をすれば間違いないでしょう。

ただ、第二新卒やフリーターなど、今のあなたの状況に最適な転職エージェントを見つけたい人は、以下▼の記事で紹介している転職エージェント3,4社ほどに登録をしてみてください。

\ 未経験からの転職活動を効率的に進めませんか? /

内定獲得まで完全無料で利用できます。

ちるとも

転職エージェント1社1社に対して、魅力ポイントや向いている人の特徴について丁寧に解説してますよ!

Step2:転職サイトに登録する

転職エージェントに加えて、転職サイトにも登録しておくのがおすすめです。

転職サイトでは、多くの企業が求人情報を掲載しており、自分で気になる求人を見つけることができます。

ちるとも

僕も未経験からデータアナリストに転職した際は、転職サイト(リクナビネクスト)を活用していました!

転職サイトに登録しておくことで、以下のようなメリットが得られます。

転職サイトに登録するメリット
  • 多くの求人から企業や業界の情報収集ができる
  • 「転職ノウハウ」を活用して、転職活動の準備方法を学べる
  • 自分の市場価値(想定年収)を知ることができる

多くの求人情報にアクセスできるだけでなく、職務経歴書の書き方や面接対策など、転職に関する様々な情報も提供されています。

そのため、あくまで「転職エージェント」をメインで利用しつつ、足りない部分は「転職サイト」で補う形で使い分けていくのがおすすめです。

ちるとも

なお、僕が実際に使って良かった転職サイト3社については、以下▼の記事で詳しくまとめています!

Step3:履歴書・職務経歴書を作成する

転職エージェントや転職サイトに登録したら、次に各種書類(主に履歴書と職務経歴書)を作成します。

未経験からの転職では、これまでの経験やスキルをいかにデータアナリストの業務に関連付けてアピールできるかが重要なポイントです。

僕の場合は、大学時代に統計学を専攻した経験や、前職(営業職)でのExcelスキルや顧客折衝スキルをアピールしました。

ちるとも

できるだけ数字を交えて詳しく書いておくのがポイントですよ!

ある程度自分自身で作成をし終えたら、必ず転職エージェントのキャリアアドバイザーに添削してもらい、ブラッシュアップを行うようにしましょう。

“転職のプロ”であるキャリアアドバイザーの視点で、書類選考通過率がアップする書き方を教えてもらえますよ。

ちるとも

僕もリクルートエージェントのアドバイザーに添削してもらった結果、内容も見栄え(体裁)も格段に良くなりました!

Step4:データアナリスト求人にエントリーする

履歴書と職務経歴書が完成したら、積極的にデータアナリストの求人に応募していきましょう。

ちるとも

ちなみに僕は、転職エージェントから紹介された求人だけでなく、転職サイトから自分で見つけた求人にも応募しました!

面接では、データアナリストとして活躍したい理由・背景や、これまでの実務経験をどのように活かせるかなどを具体的に話すことが重要です。

また、データ分析に関する基礎知識を持っていることをアピールするために、学習内容や取得した資格などがあれば積極的にアピールするのも良いでしょう。

ちるとも

実務経験がなくてもポテンシャルを評価してくれるところも多いので、「データアナリストに対する熱量」をガンガンアピールしましょう!

Step5(補足):データアナリストに最低限必要なスキルを身に付ける

Step1で転職エージェントにキャリア相談した結果、いまのスキルセットで十分に転職成功見込みがあると判断された場合は、このステップは不要です。

しかし、エントリーしたい求人の募集要項(必須条件)にあなたが不足しているスキルがある場合は、最低限必要なスキルを身に付ける必要があります。

データ分析における基礎的なスキルをしっかりと身に付けることで、転職活動の際に自信を持ってアピールできるようにしましょう。

現役データアナリストの僕がおすすめする、「独学で身に付けるべきスキル」は以下の3つです。

独学で身に付けるべきスキル【データアナリスト転職】
  • データ分析・可視化のスキル(Tableau、SQLなど)
  • プログラミング言語のスキル(Python、Rなど)
  • 統計学のスキル(統計検定、基本情報技術者試験など)
ちるとも

それぞれの詳細については、以下▼の記事を参考にしてみてください!

データアナリストに向いている人の特徴3選

データアナリストという職種は、特定のスキルセットや性格の特徴が求められる仕事です。

データを適切に扱い、企業の意思決定をサポートする有益なインサイトを見つけ出すためには、論理的思考力やデータに対する興味が不可欠です。

ここでは、データアナリストに向いている人の特徴として、下記3つをご紹介します。

データアナリストに向いている人の特徴
  • 数学やデータ分析が得意な人
  • 1人で作業するのが苦にならない人
  • 新しい技術を学び続けるのが好きな人
ちるとも

どれか1つでも当てはまる人はデータアナリストの素質がある可能性が高いので、ぜひ転職にチャレンジしてみましょう!

数学やデータ分析が得意な人

データアナリストの仕事では、データの収集・分析が主な業務となるため、数学・統計学の知識がある程度必要になります。

したがって、数学やデータ分析が好きでデータからパターンやトレンドを見つけることに喜びを感じる人は、データアナリストに非常に向いています。

また、SQLやPythonなどのプログラミング言語を使ってデータを処理することも多いため、過去にこのようなツール使用経験がある人もデータアナリストに向いていると言えるでしょう。

ちるとも

ただし、数学が苦手な文系出身の人でも、データアナリストになれる可能性は十分にあります。以下▼の記事もあわせて読んでみましょう!

1人で作業するのが苦にならない人

データアナリストの仕事は、データの整理や分析など、デスクワークが多いです。

長時間にわたり集中してデータと向き合うことが多いため、一人で黙々と作業するのが苦にならない人に向いています。

ちるとも

几帳面で細かい点まで注意を払える性格の人にはピッタリの職種ですよ!

もちろん、チームでのプロジェクトやクライアントとのコミュニケーションも重要ですが、基本的には自分のペースで進めることが多いです。

一人で作業するのが得意で、細かい作業にも耐えられる人にとっては、この仕事は非常にやりがいがあるでしょう。

新しい技術を学び続けるのが好きな人

データアナリストの世界は急速に進化しています。新しい分析手法やツールが次々と登場するため、最新の技術をキャッチアップすることが求められます。

BIツール(例:Tableau)やプログラミング言語(例:SQL、Python、R)、データベースや機械学習の知識など、幅広いスキルを身につけていく必要があるでしょう。

ちるとも

僕はTableauの新機能がリリースされる度に、新機能紹介資料を作って社内共有をしていますよ!

そのため、新しい技術に対する知的好奇心が強く、新しい知識を自ら学び続けることに喜びを感じる人にとっては、データアナリストの仕事は非常に魅力的です。

【Q&A】データアナリストに関するよくある質問(FAQ)

今後ますます需要が高まるデータアナリストという職種を目指すにあたり、多くのデータアナリスト希望者が気になりそうな質問を3つピックアップしました。

現在のデータアナリストの求人市場はどのような状況?

データアナリストの求人市場は非常に活況です!

多くの企業がデータを活用して意思決定を行うようになり、データアナリストの需要は増加しています。

特にIT、金融、コンサルティング、製造業など、さまざまな業界でデータアナリストの求人が多く見られます。

ちるとも

最新の転職市場の動向については、転職エージェントに直接聞いちゃうのがおすすめですよ!

「データサイエンティスト」との違いは?

データアナリストとデータサイエンティストの違いは、主に扱うデータの種類と解析の深さにあります。

データアナリストは、日々のビジネスデータの分析や、意思決定を支援するためのインサイトの提供などを行います。

これに対してデータサイエンティストは、高度で複雑なツール(統計分析、機械学習、予測モデリングなど)を用いて、データから新しいパターンを発見し、より複雑な問題解決を行います。

そのため、データサイエンティストはプログラミングやアルゴリズム設計などにおいて、より技術的なスキルが求められます。

ちるとも

データサイエンティストとの違いについては、以下▼の記事で詳しくまとめています!

データアナリストは将来的にAIに代替されてしまう?

AIの進化により、データアナリストの仕事が自動化される可能性はありますが、全てが代替されるわけではありません。

AIはルーティンワークや単純なデータ処理を自動化できますが、ビジネスの文脈でデータを解釈し、戦略的なインサイトを提供する能力はまだ人間特有のものです。

したがって、AIと協働しながら、より複雑で創造的な分析に注力することが、データアナリストとしてキャリアアップしていく鍵となるでしょう。

ちるとも

データアナリストの将来性と今後の需要について、以下▼の記事も参考にしてみてください!

【まとめ】データアナリストでキャリアアップを目指そう!

データアナリストとしてキャリアアップすることで日常の悩みを解決したいあなた。

「今」が行動を起こす絶好のタイミングです!

データアナリストは、企業の重要な意思決定に直結する仕事であり、非常にやりがいのある職種です。

また、給与水準が高く、フルリモートなど柔軟な働き方ができる点も魅力です。未経験からでも挑戦できる求人が多いので、キャリアチェンジを考えている人には最適な職種と言えるでしょう。

ちるとも

実際に未経験からデータアナリストに転職した僕が、心からおすすめできる職種です!!

未経験からデータアナリストになる完全ロードマップ
STEP
転職エージェントに登録する
STEP
転職サイトに登録する
STEP
履歴書・職務経歴書を作成する
STEP
データアナリスト求人にエントリーする
STEP
データアナリストに最低限必要なスキルを身に付ける

未経験からデータアナリストになるための第一ステップとして、まずは転職エージェントの登録から始めましょう。

転職エージェントのサポートを受けることで、あなたにぴったりの求人を見つけやすくなり、転職活動をスムーズに進められますよ。

\ フルフレックスの会社で自由に働こう! /

まずは相談だけでもOK!

ちるとも

たった1分〜2分で簡単に登録できますし、なんと最後まで完全無料で利用できるんです!

多くの人が抱える仕事の不安や悩みを解消し、データアナリストとしてキャリアアップを目指す第一歩を踏み出しましょう。

ロードマップに沿って転職活動を進めていくことで、皆さんがデータアナリストへの転職に成功されることを願っています。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【データアナリストとは?】仕事内容や魅力、未経験からでもなれる方法を完全解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次