【プロが教える】データエンジニアとデータアナリストの違いは?向いている人の特徴も解説

【プロが教える】データエンジニアとデータアナリストの違いは?向いている人の特徴も解説
悩む男性

データエンジニアとデータアナリストの違いがイマイチわからない。。

悩む女性

データを扱う仕事が向いているかどうか、自信がないわ。。

「この仕事、自分に向いているかな?」と疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?

また、仕事でミスが多くて、「周囲に迷惑をかけてしまっているかも」と悩んでいる人もいるでしょう。

ちるとも

僕も新卒で営業職として働き始めた時、何度も「自分にはこの仕事が向いているのか?」と自問自答しました。

実は、あなたと同じように感じている人は少なくありません。この記事では、そんな疑問を持つあなたに向けて、データエンジニアとデータアナリストの違い、そしてどちらの職種があなたに合っているかを解説します。

ちるとも

適切な職種を見つけることができれば、仕事のパフォーマンスも自然と向上します。僕の実体験から、その方法をお伝えします!

この記事はこんな人におすすめ
  • データエンジニアとデータアナリストの違いを知りたい人
  • 自分に合ったデータ関連の職種を見つけたい人
  • キャリアアップを考えているが、どの道を選べばいいのか悩んでいる人

ぜひこの記事を参考に、あなたに最適な職種を見つけて、楽しく充実したキャリアを築きましょう!

データアナリスト転職の魅力について

データアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリストへの転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

ちるとも

データアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

データエンジニアとデータアナリストの違い

データエンジニアとデータアナリストは、それぞれデータを扱う専門家ですが、その役割と業務内容には大きな違いがあります。

データエンジニアは、データの収集や整理、管理を行い、データアナリストはそのデータを分析してビジネスに役立つ洞察を提供します。

この違いを理解することは、自分のキャリアをデータ分野で築く上で非常に重要です。

ここでは、データエンジニアとデータアナリストのそれぞれの仕事内容についてわかりやすく解説していきます。

データエンジニアの仕事内容は?

データエンジニアの主な仕事内容は、データのアーキテクチャを設計し、データ収集のためのシステムを構築することです。

データエンジニアは、ビッグデータ技術やデータベース管理システム(DBMS)を駆使して、データが効率的に収集、保存、アクセスできる環境を整えます。

例えば、クラウドサービスを使ったデータウェアハウスの構築や、リアルタイムデータ処理のためのストリーミングサービスの設計などが挙げられます。

これにより、データアナリストやビジネスユーザーが容易にデータにアクセスできるようになります。

データアナリストの仕事内容は?

一方、データアナリストは、収集されたデータを基に分析を行い、具体的なビジネスインサイトを導き出す役割を担います。

データアナリストは統計学や機械学習の技術を活用してデータから有益な情報を抽出し、それをもとに戦略的な提案を行います。

例えば、顧客データを分析して、購買行動の傾向を探り、新しいマーケティング戦略を立案することができます。

ちるとも

僕が毎日業務で使っている「Tableau」などのデータ可視化ツールを使用して、結果をわかりやすく報告することも重要な業務ですよ!

このように、データエンジニアとデータアナリストはデータを取り扱う上で異なるスキルと業務を要求されますが、どちらも企業にとって欠かせない存在です。

データを使いこなす能力は、今後のビジネスにおいてますます重要になっていくでしょう。

データエンジニアに向いている人の特徴3選

データエンジニアになるには、特定の性質やスキルが必要です。

この職種が求める能力に自分がどれだけマッチしているかを知ることで、データエンジニアとしてのキャリアが自分に適しているかどうかを判断できます。

ここでは、特に重要な3つの特徴を紹介します。

プログラミングが好きな人

データエンジニアにとってプログラミングは日常的な業務です。

データの収集、加工、整理を効率的に行うためには、プログラミングスキルが不可欠です。特に、PythonやJava、Scalaなどの言語がよく使われます。

これらの言語に精通していることが、大規模なデータを扱う際に非常に役立ちます。

例えば、データ収集の自動化や、処理プロセスの最適化をプログラムで実装することが求められます。

スペシャリスト志向の人

データエンジニアは、技術的な深い知識が求められるため、スペシャリストとしての志向が強い人に適しています。

データベースの設計、クラウドコンピューティング、ビッグデータ技術など、専門的な技術を深く理解し、それを活用する能力が必要です。

また、新しい技術の学習にも積極的であることが望まれます。業界の技術進歩は速いため、常に最新の知識を更新し続けることが大切です。

チームプレーが苦にならない人

データエンジニアは、データアナリストやビジネスアナリストといった他の職種の専門家と協力してプロジェクトを進めることが多いです。

そのため、チーム内でコミュニケーションをとり、協調性を持って業務を遂行することが求められます。

プロジェクトの要求に応じて、適切なデータ基盤を構築し、チームメンバーがスムーズにデータにアクセスできるようサポートすることも、データエンジニアの重要な役割です。

【現役データアナリストが解説】データアナリストに向いている人の特徴3選

データアナリストとしてのキャリアは、データに対する情熱と詳細な分析を楽しむことができる人に最適です。

僕自身、未経験からこの分野に飛び込み、データの力を活用して多くのビジネスに貢献してきました。

ここでは、データアナリストに向いている人の重要な特徴を3つ、具体例を交えて解説します。

統計やデータ分析が好きな人

データアナリストには、数値に強く、統計学の基本を理解していることが求められます。

僕が日常でよく使うのは、回帰分析やクラスタリングなどの手法です。これらの技術を駆使して、データから意味のあるパターンを読み取り、ビジネスの意思決定をサポートします。

例えば、顧客データから購買傾向を分析し、マーケティング戦略を調整することがこれに該当します。

細かい作業をするのが苦にならない人

データアナリストはデータのクレンジングや前処理といった地道な作業を多くこなします。データの質を確保するためには、こうした細かい作業が非常に重要です。

例えば、データセットの中から外れ値を見つけ出し、適切に処理することは日々の業務の一部です。

このような地道な作業に対する忍耐力と注意力が、優れた分析結果を生み出す鍵となります。

コミュニケーション能力が高い人

データの分析結果を非専門家にも理解しやすく説明する能力は、データアナリストにとって不可欠です。

僕の経験上、分析結果をビジュアル化することで、プレゼンテーションがより効果的になります。

例えば、インタラクティブなダッシュボードを用いてリアルタイムでデータを可視化し、ステークホルダーに対する説明会で利用することがあります。

このスキルがあれば、チーム内外の人々と円滑にコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを前に進めることができます。

【Q&A】データエンジニア・データアナリストに関するよくある質問(FAQ)

データエンジニアやデータアナリストとしてのキャリアは多くの疑問を抱くものです。

ここでは、データエンジニア・データアナリストに関してよくある質問をピックアップし、それに答えていきたいと思います。

未経験でもデータエンジニアやデータアナリストに転職できる?

はい、可能です。実際、僕自身も未経験からデータアナリストに転職して成功を収めました。

この職種への転職には、関連する知識や技術を学ぶ意欲が最も重要です。

オンラインコースや専門学校での学習、プロジェクトへの参加を通じて、必要なスキルを身につけることができます。

また、データ分析に関連する実践的な経験を積むことが推奨されます。

データサイエンティストとは何が違うの?

データサイエンティストはデータアナリストよりもさらに高度な統計分析と機械学習の技術を用いて、データから新たな洞察を引き出し、予測モデリングなどを行います。

一方、データアナリストはデータを収集し、処理してビジネスの意思決定をサポートするのが主な役割です。

データエンジニアはこれらの職種とは異なり、データ収集やデータベース管理、大規模なデータ処理システムの構築を担当します。

ちるとも

データサイエンティストとの違いについては、以下の記事で詳しく解説していますよ!

データエンジニアとデータアナリストの平均年収は?

データエンジニアとデータアナリストの年収は国や地域、経験やスキル、企業の規模によって異なりますが、一般的にはデータエンジニアの方が高い傾向にあります。

日本での平均年収は、データエンジニアが約600万円から1,000万円、データアナリストは600万円から800万円程度です。高度な技術や経験が求められるほど、報酬も高くなります。

ちるとも

データアナリストの平均年収について詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください!

【まとめ】自分の適性に合った職種でキャリアアップを目指そう!

データエンジニアやデータアナリストとしてキャリアを築きたいと思っているなら、今が行動を起こす絶好のタイミングです。

本記事で紹介した情報を活用すれば、職業選びの不安を解消し、キャリアアップへの道を歩み始めることができます。

データエンジニアに向いている人の特徴
  1. プログラミングが好きな人
  2. スペシャリスト志向の人
  3. チームプレーが苦にならない人
データアナリストに向いている人の特徴
  1. 統計やデータ分析が好きな人
  2. 細かい作業をするのが苦にならない人
  3. コミュニケーション能力が高い人

特に、「今の仕事に将来性が感じられない」「専門スキルを活かした職を見つけたい」と考えている方には、転職エージェントへの登録をおすすめします。

“転職のプロ”であるキャリアアドバイザーは、あなたのスキルや経験を評価し、最適なキャリアパスを提案してくれます。

ちるとも

転職エージェントの登録は数分で完了し、最後まで完全無料で利用できますよ!

多くのデータ専門職が直面する悩みやキャリアの停滞を解消し、新たなスタートを切るためには、転職エージェントへの登録が一つの鍵となります。

自分の適性を理解し、求められるスキルを磨くことで、仕事に対する新しい視点が開けるでしょう。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【プロが教える】データエンジニアとデータアナリストの違いは?向いている人の特徴も解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次