Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う方法【Tableauノウハウ】

Tableauのパラメータを使って円グラフのドリルダウンを行う方法【Tableauノウハウ】

Tableauユーザーの皆さん、こんにちは!

今回は、Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う方法について、具体的な手順を解説します。

初心者でも理解しやすいように、手順を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

パラメーターを使ったドリルダウンは、データの詳細を掘り下げて分析する際に非常に便利な機能です。

この記事では、具体的な手順をステップバイステップで説明し、最後に実際にドリルダウンがどのように動作するかを確認します。

この記事はこんな人におすすめ
  • Tableauのドリルダウン機能に興味がある人
  • Tableauのパラメーターについて深く学びたい人
  • 業務でTableauを使う「データアナリスト」という職種に興味がある人
ちるとも

Tableauでのデータ分析をさらにパワフルにするためのノウハウを、一緒に学んでいきましょう!

データアナリスト(Tableau)転職の魅力について

Tableauを活用したデータアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリスト(Tableau)への転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

\ Tableauでキャリアアップしませんか?

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

Tableauを活用したデータアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

完成イメージ

完成イメージは上図のとおりです。

例えば、カテゴリの「家電」をクリックすると、ドリルダウンによって「家電」のサブカテゴリの円グラフが表示されるようになります。

ちるとも

なお、Tableau Publicにも手順を作成していますので、是非あわせてご覧ください!

出典:Tableau Public(ちるとも)

Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う手順

それでは実際に、Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う方法を順を追って解説していきます。

手順1:パラメーターを作成する

パラメーターを作成します。

ドリルダウンをする前のフィールドをリスト形式にしたいので、今回は[カテゴリ]フィールドをリスト形式で作成しています。

手順2:新しい計算フィールドを作成する

ドリルダウン用の新しい計算フィールドを作成します。

★ドリルダウン
IF [パラメーター 1]=’すべて’ THEN [カテゴリ]
ELSEIF [カテゴリ]=[パラメーター 1] THEN [サブカテゴリ]
END

手順3:マークタイプを自動→円グラフに変更する

マークタイプを自動→円グラフにします。

また、角度に[売上]を、色に[★ドリルダウン]を、ラベルに[★ドリルダウン]と[売上]を追加します。

手順4:簡易表計算を実施する

ラベルにある[合計(売上)]を右クリックし、簡易表計算>合計に対する割合 を順にクリックします。

また、円グラフが小さい場合は、画面上部の「標準」を「ビュー全体」に変更しておきましょう。

手順5:パラメーターアクションを設定する

以下の手順で、パラメーターアクションを設定します。

  • 画面上部にあるワークシート>アクションをクリック
  • アクションの追加>パラメーターの変更 をクリック
  • ターゲットパラメーターを[パラメーター_カテゴリ]に変更
  • ソースフィールドを[★ドリルダウン]に変更
  • 選択項目をクリアした結果を[値の設定]に変更し、「すべて」を手入力

手順6:凡例にNULLが発生しないようにする

凡例にNULLが発生しないように、以下の手順を行います。

  • 円グラフ内の任意の項目(例:事務用品)をクリック
  • [★ドリルダウン]をフィルターに追加し、「NULL」を除外

手順7:ドリルダウンして検証する

円グラフ内の任意の項目(例:アプライアンス)を2回クリックすると、元の状態(カテゴリ別の円グラフ)に戻ります。

これで完成です!

まとめ

以上、Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う方法を解説しました。

これらの手順を踏むことで、データの詳細を掘り下げ、Tableauの円グラフを使ってより深いインサイトを得ることができます。

ぜひこの記事を参考にして、Tableauの分析スキルを向上させてください。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Tableauのパラメータを使って円グラフのドリルダウンを行う方法【Tableauノウハウ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次