Tableauの円グラフで「その他」を常に最後にする方法【Tableauノウハウ】

Tableauの円グラフで「その他」を常に最後にする方法【Tableauノウハウ】

Tableauユーザーの皆さん、こんにちは!

Tableauで円グラフを作成する際、項目数が多い場合は「その他」でひとまとめにすることが多いのではないでしょうか?

しかし、降順で並べ替えようとすると「その他」が必ずしも一番最後にならないので、見栄えが悪い円グラフになってしまいます。

そこでこの記事では、円グラフで「その他」を常に最後にする方法について、具体的な手順に沿って丁寧にご説明していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • Tableauで円グラフの「その他」の項目を整理したい人
  • Tableauのセットや計算フィールドの応用を学びたい人
  • 業務でTableauを使う「データアナリスト」という職種に興味がある人
ちるとも

この記事を参考に、Tableauでのデータビジュアライゼーションをさらに効果的に活用しましょう!

データアナリスト(Tableau)転職の魅力について

Tableauを活用したデータアナリストは収入も高く、フルリモートやフルフレックスなど自由度も非常に高いので、みんなにおすすめしたい職種です。

ちなみに僕自身は、リクルートエージェントを使って未経験からデータアナリスト(Tableau)への転職に成功し、年収も100万円以上アップしました。

また、2年後にはマイナビITエージェントを使って2度目のデータアナリスト転職をして、年収を50万円以上アップできました。

個人的にはこの2つが最もおすすめですが、他にもデータアナリスト転職に適した転職エージェントがあるので、あなたに合うものを以下の記事で探してみてくださいね!

\ リモートワークOKのTableau求人多数! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

Tableauを活用したデータアナリストに転職するなら絶対に転職エージェントを利用しましょう!未経験でも経験ありでも、僕みたいに年収アップの可能性が高まりますよ!

目次

完成イメージ

完成イメージは上図のとおりです。

割合としては「その他」の54.31%が最も大きいものの、並び順は一番最後になっていることがわかります。

また、[顧客区分]や[オーダー日]などのフィルターを変更しても、常に「その他」が一番最後に並ぶようにしています。

ちるとも

なお、Tableau Publicにも手順を作成していますので、是非あわせてご覧ください!

出典:Tableau Public(ちるとも)

Tableauの円グラフで「その他」を常に最後にする手順

それでは実際に、Tableauのパラメーターを使って円グラフのドリルダウンを行う方法を、順を追って解説していきます。

今回は、都道府県別の売上ランキングにおいて、「上位5位+その他(6位以下)」を円グラフで作成したいと思います。

手順1:セットを作成する

セットを使って、「都道府県別の売上ランキング上位5位」を作成します。

[都道府県]を右クリックし、作成>セットを順にクリックします。

次に、ポップアップ画面で「上位」タブに移動し、フィールド指定のところで「上位5位」「売上」「合計」と設定します。

手順2:凡例用の計算フィールドを作成する

凡例用の計算フィールドを作成します。

★都道府県_凡例用
IF [都道府県 セット]
THEN [都道府県]
ELSE ‘その他’
END

手順3:円グラフを作成する

下記の手順に沿って、通常の円グラフを作成します。

  • 画面サイズを「ビュー全体」に変更
  • マークカードのグラフタイプを、自動→円グラフに変更
  • 角度:[売上]を追加
  • 色:[★都道府県凡例用]を追加
  • ラベル:[★都道府県凡例用]と[売上]を追加

手順4:ラベルを変更する

ラベルにある[合計(売上)]を右クリックし、簡易表計算>合計に対する割合 を順にクリックします。

手順5:並べ替え用の計算フィールドを作成する

「その他」を常に円グラフの一番最後にするために、並べ替え用の計算フィールドを作成します。

「その他」の合計がマイナスであれば確実に「その他」を常に最後にできるため、以下の計算式を使用しています。

ちるとも

そのため、「-1」ではなく「-1000」などでもOKですよ!

★売上その他を最後に
IIF([★都道府県凡例用]=’その他’,-1,[売上])

手順6:並び替えをする

色にある[★都道府県凡例用]を右クリック>並べ替え から、下記のように設定します。

  • 並べ替え:フィールド
  • 並べ替え順序:降順
  • フィールド名:[★売上_その他を最後に]

手順7:コンテキストフィルターを追加する

必要に応じて、フィルターをかけたい項目をフィルターシェルフに追加します。

ちるとも

今回は、[オーダー日](年)と[顧客区分]をフィルターとして使用しました!

なお、これらのフィルター(ディメンションフィルター)は、先ほど作成したセット(売上上位5位)よりも早くかかる必要があります

そのため、追加したフィルターを右クリック>コンテキストに追加 から、「コンテキストフィルター」に変更しておきましょう。

手順8:色などを微修正する

必要に応じて、円グラフの色などを修正します。

ちるとも

下図は、「2024年」の「大企業」の売上ランキングです!

以上で完成です!

まとめ

以上、Tableauの円グラフで「その他」を常に最後にする方法を解説しました。

これらの手順を通して、初心者でも簡単に「その他」を最後に表示する円グラフを作成できるようになります。

ちるとも

ぜひこの方法を活用して、Tableauでのデータ可視化を一層向上させていきましょう!

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Tableauの円グラフで「その他」を常に最後にする方法【Tableauノウハウ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次