【通勤電車から脱却した実話】しんどい1時間立ちっぱなしの対策3選

【通勤電車から脱却した実話】しんどい1時間立ちっぱなしの対策3選
悩む女性

毎朝電車で1時間立ちっぱなしがつらいです。。

悩む男性

行き帰りの電車で毎日ヘトヘトだよ。。

こんな経験をしている人、多いのではないでしょうか?出社をしている多くのビジネスマンにとって、これは避けられない現実です。

ちるとも

僕自身も昔は通勤・帰宅ラッシュ時に電車を使っていたため、電車に乗るだけで疲れが溜まっていました。。

こういった悩みを抱える人達に向けて、通勤電車での立ちっぱなしによる悩みを解消するための手助けをしたいと思い、本記事を作成しました。

この記事はこんな人におすすめ
  • 長時間の通勤電車で疲れている人
  • 通勤環境を改善したいと考えている人
  • ストレスや疲労を軽減したい人
  • 通勤不要の会社を探している人
  • 新しい働き方を模索している人

この記事を読んでいただくことで、通勤電車の実態や立ちっぱなしの問題点を把握し、その解決策を学ぶことができます。ぜひこの記事を参考に、より快適な働く環境を目指してみてください!

なお、僕は通勤不要の会社に転職したことで、今では出社せず効率的に仕事に取り組めています。

ちるとも

通勤(満員)電車で立ちっぱなしという悩みを解決するには、転職するのが最も効果的です!

ぜひ皆さんも転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーと一緒に「通勤不要の会社」を探してみてください!

ちるとも

転職エージェント選びはとても重要なので、人気のおすすめ転職エージェントで転職活動すると良いですよ!

目次

通勤電車(満員電車)の実態

働く女性

自分以外にも通勤に長時間かかっている人は多いのかな?

働く男性

通勤時間ってだいたいどれくらいが平均なのだろう?

通勤電車1時間立ちっぱなしの悩みのお話に入る前に、まずは日本における通勤電車の実態についてご説明していきます。

平均的な通勤時間

日本の通勤時間は、他の国と比較しても長いことで知られています。総務省統計局が発表している社会生活基本調査によると、平成28年における全国の通勤時間の平均は1時間19分となっています。

出典:総務省統計局『平成28年社会生活基本調査』

ちるとも

片道にすると約40分です。電車までの徒歩時間などを考慮すると、自宅から会社までちょうど1時間くらいが平均になりそうですね。

都道府県別にみると、特に首都圏で通勤時間がさらに長くなる傾向にあります。1都3県でトップ4を独占しており、その平均は約1時間39分と、全国平均を大きく上回っています。

実際に通勤している人の意見

通勤電車で1時間以上立ちっぱなしで過ごすことは、多くの人にとって非常にストレスとなります。実際に通勤している人たちの意見を聞いてみると、以下のような声が聞かれます。

スクロールできます
https://twitter.com/a_chan_paon/status/1722558371793133697?ref_src=twsrc%5Etfw
ちるとも

僕も昔は、仕事が始まる前からすでに疲れちゃってました。出社時点で疲労が溜まっているのは本当に非効率だったなぁと感じます。。

このように、通勤電車で1時間立ちっぱなしで過ごすことは、多くの人が悩む問題となっています。これらの声から、通勤電車で立ちっぱなしという状況が、身体的・精神的な疲労や仕事の生産性の低下、家庭生活への悪影響など、様々な問題を引き起こしていることがわかります。

【体験談】僕が1時間の通勤時間を解消した具体的な方法

悩む女性

実際に通勤電車から解放された人の実体験を聞きたいです…!

悩む男性

僕にも満員電車を避ける簡単な解決策はないかな…?

皆さんと同じように、僕自身も以前までは約1時間立ちっぱなしの電車に乗りながら毎日通勤していました。

ちるとも

一般的な就業時間より早く出社してましたが、都心へ向かう電車ということもあり、常に座れない状態でした。。

営業職で終日飛び回っていたので身体的に非常に疲れていましたが、帰宅時も電車に座って帰ることができず、毎日ストレスの溜まる生活を過ごしていました。

そんなストレスを解消した方法が、転職です。フルリモート勤務可能な会社に転職したおかげで、今では全く満員電車に乗ることがなく、通勤によるストレスをなくすことに成功しました。

ちるとも

たまに出社する日も通勤ラッシュ時間は避けるので、行きも帰りもほぼ100%座れています!

最近はコロナショックの影響もありリモートワーク可能な求人がすごく増えてますので、今のうちに転職エージェントから求人紹介をしてもらうのがおすすめです。

\ リモートワークOKの求人多数! /

登録後もお金は一切かかりません。

ちるとも

完全無料で使えますし、転職エージェントに登録したからといって必ず転職するわけではないので、気軽に相談してみましょう!

誰でもできる!通勤電車の解決策3選

悩む女性

立ちっぱなしの通勤電車から解放されたいです…!

悩む男性

そもそも電車にすら乗らなくて良い方法はないのかな…?

それでは、通勤電車で長時間立ちっぱなしの悩みを解消するための解決策について、具体的に見ていきましょう。

会社の近くに引っ越す

住まいを近くに移すことで、通勤電車での立ち時間が短くなり、身体的・精神的な負担を軽減できます。また、通勤時間が短くなることで自分の時間を有効活用できるようになり、ワークライフバランスの向上も期待できます。

会社のとりわけ近くに引っ越しできる場合は、自転車やバイクで通勤することで電車自体を避けるという選択も、有効な手段の一つです。

ちるとも

自転車通勤は健康面でもメリットがあり、適度な運動ができるため、健康維持にも役立ちますよ!

ただし、引っ越しを検討する際には、家賃や生活費の変化、子供の通学などの諸条件も考慮する必要があります。また、都心部に住むことで生活費が高くなる場合もあるため、総合的に判断して決めることが重要です。

通勤不要の会社に転職する

次に、通勤不要の会社に転職するという選択肢があります。

ちるとも

僕の実体験でもあり、個人的に最もおすすめしたい解決策です!

リモートワークでは自宅や好きな場所で仕事ができるため、自分に合った働き方を見つけられます。これにより、仕事の効率も向上し、生産性も高まることが期待できます。

ちるとも

通勤時間がなくなることで、プライベートの時間も増え、ワークライフバランスも向上しますよ!

ただし、リモートワークが可能かどうかは、企業や業種・職種によって様々です。転職してからリモートワーク不可の会社だったという事態に陥らないように、“転職のプロ”である転職エージェントを活用して事前に確認をしておきましょう。

ちるとも

リモートワーク可能な求人もたくさんありますので、まずは登録して気軽に相談してみてくださいね!

満員電車を避けて通勤する

最後に、満員電車を避けて通勤するという方法があります。通勤時間をずらして朝や夕方の通勤ラッシュを避けることで、電車内の混雑を回避し、疲労を軽減できます。

この方法を実現するためには、勤務時間の柔軟性が重要です。一部の企業ではフレックスタイム制度を導入し、社員が通勤時間を自由に選べるようになっています。この制度を活用し、ラッシュアワーを避けた通勤をすることで、電車内の快適さが向上し、ストレスや疲労の軽減につながります。

ちるとも

ただ、この解決策はあくまで会社次第なので、個人がコントロールできる策ではないことからあまりおすすめはできません。。

以上見てきたように、通勤電車で1時間立ちっぱなしの悩みを解消するための解決策はいくつか存在します。それぞれの方法にはメリット・デメリットがありますので、自分のライフスタイルや働き方に合った選択をしていくことが大切です。

【まとめ】転職で働く環境を改善し、無駄な疲労から解放を!

通勤電車で1時間立ちっぱなしの悩みは多くの働く人に共通で、身体的・精神的疲労が溜まり、仕事の生産性低下が懸念されます。しかし、この問題を解決する方法はいくつか存在します。

満員電車を避けたり、近くに引っ越すことで通勤時間を短縮できますが、通勤不要の会社へ転職することで根本的に解決できます。

リモートワークの普及により、この選択肢が現実的になっています。転職を検討する際は、ぜひ転職エージェントを活用しましょう!転職エージェントは、求人情報の提供だけでなく、応募書類の添削や面接対策もサポートしてくれます。また、非公開求人が多く、通常の求人サイトでは見つけられない魅力的な求人に出会えることがあります。

ちるとも

自分自身に合うかどうかも非常に重要ですので、転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです!

通勤電車での立ちっぱなしの悩みを解消し、働く環境を改善することで、無駄な疲労から解放されることが期待できます。転職エージェントに登録して自分に合った働き方を見つけ、より良いワークライフバランスを実現していきましょう!

今回ご紹介した解決策を活用していただくことで、皆さんが通勤電車で長時間立ちっぱなしという悩みから解放され、毎日楽しく仕事に取り組めるようになることを願っています。

データアナリストでキャリアに輝きを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【通勤電車から脱却した実話】しんどい1時間立ちっぱなしの対策3選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次