仕事帰りの野球観戦を始めから楽しむコツ3選:残業なしで行こう!

仕事帰りの野球観戦を始めから楽しむコツ3選:残業なしで行こう!

残業時間をコントロールして、野球をプレイボールから楽しもう!

悩む女性

毎回仕事のせいで試合の途中からしか観に行けないのが悔しいわ。。

悩む男性

定時で上がりたいけど、残業が。。野球観戦をまともに楽しめないです。。

「平日に野球の試合を観に行きたいけど、残業のせいで試合開始には間に合わない…。」そんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか?実際、野球好きな僕もかつてはあなたと同じような経験をしていました。

ちるとも

「暗黙の定時」である19:30まで会社を出れなかったため、18時のプレイボールには当然間に合わなかったんです。。

そこでこの記事では、野球観戦が好きなあなたに向けて、仕事帰りに試合を始めから楽しむための具体的な方法をご紹介します。実はちょっとした工夫やキャリアの見直しをするだけで、残業から解放され、趣味の時間を大切にできるようになるんです。

ちるとも

今では平日の仕事終わりに最低でも年5回は野球観戦に行く、僕の実体験も踏まえてお伝えします!

この記事はこんな人におすすめ
  • 残業でいつも試合開始に間に合わないと悩んでいる人
  • プレイボールから観に行けている友達が羨ましいと思っている人
  • 平日の野球観戦を試合の始めから楽しみたい人

ぜひこの記事を参考にして、仕事も野球観戦も両方楽しめる生活を手に入れましょう!

目次

【SNSで調査】残業で試合開始に間に合わない人の声

悩む男性

僕と同じように、残業のせいでプレイボールに間に合わない人は多いのかな…?

野球観戦は多くの野球ファンにとって、最高のリフレッシュ方法の一つです。しかし仕事の残業が邪魔をして、なかなか試合開始から楽しめない人が多いのも事実です。今回はそのような悩みを深掘りするために、SNS上で挙がっている声をいくつかピックアップしてみました。

スクロールできます

上記のように、多くの野球ファンが仕事が原因で試合開始から野球観戦を楽しめていないことがわかります。

ちるとも

僕もかつてはその1人でした。そして最終的には、平日に野球を観に行くこと自体を諦めてしまいました。。

こういった声から、仕事とプライベートのバランスを改善して趣味の時間を充実させるための解決策を求める人が非常に多いことがわかります。仕事後に趣味の時間を楽しむことは、精神的な健康を保つためにも重要で、特に好きな野球観戦を存分に楽しむことで、日々のモチベーションアップにも繋がります。

ちるとも

僕も野球観戦を楽しんだ翌日は、より一層仕事へのモチベーションが高まっています!

仕事帰りの野球観戦を始めから楽しむコツ3選

働く女性

18時の試合開始から野球観戦を楽しめるようになりたい!

平日の仕事終わりに野球観戦に行くことは、多くの野球ファンにとって特別な楽しみです。しかし残業や業務の多忙さが原因で、試合開始に間に合わない人も少なくありません。ここでは、仕事帰りに野球観戦を始めから楽しむためのコツを3つ紹介します。

ちるとも

僕が実際に経験して変わった実話も交えてご紹介してますよ!

これらのコツを活用すれば、仕事終わりの野球観戦がもっと身近なものになるでしょう!

【実体験】フレックスタイム制のある会社へ転職する

ちるとも

僕は転職したことで試合開始から野球観戦を楽しめているので、これが最もおすすめな方法です!

フレックスタイム制(フレキシブルタイム制)とは、労働時間の始まりと終わりを社員が自由に設定できる働き方のことです。

出典:株式会社バルテック『従来の働き方とフレックスタイム制』

フレックスタイム制のある会社に転職すると、仕事とプライベートのバランスが取りやすくなります。自分のライフスタイルに合わせて労働時間を調整できるため、仕事の効率化が図れ、残業を減らすことに繋がるでしょう。

ちるとも

実際に僕は、野球の試合がある日は8時~17時で残業をせずに働き、18時のプレイボールには必ず間に合っていますよ!

フレックスタイム制のある会社を探すためには、転職エージェントの登録が必要不可欠です。ただし!転職エージェントの登録=絶対転職しなければいけない、というわけでは決してありません。転職エージェントは転職意思のない状態から気軽にキャリア相談でき、あなたの希望に合った求人を無料で探してくれます。

ちるとも

僕も転職意思が全くない状態から転職エージェントを使いました!無理に転職させようとしてくることもなく、気持ち良く利用し続けられましたよ!

僕がその時に使った実際の転職エージェントを参考に、まずはフレックスタイム制のある職場を気軽に探すところから始めましょう!

\ 平日もプレイボールから野球を観に行こう! /

求人の紹介も一切お金がかかりません

時間やタスクの管理ツールを活用する

次に、時間管理ツールやタスク管理ツールを積極的に活用するという方法があります。

ちるとも

時間管理ツールはGoogleカレンダー、タスク管理ツールはNotionGoogleKeepがおすすめですよ!

このような管理ツールを使うと、日々の業務が可視化され、優先順位をつけることが可能になります。これによって無駄な時間を削減でき、効率的に仕事を進められます。

ちるとも

仕事の生産性が上がるので、残業せず試合開始までに球場へ行けるようになるかもしれません!

しかし、この方法には限界もあります。例えば、業務量が物理的に多すぎる場合や急な仕事が入る環境では、管理ツールをいくら上手に使っても残業を完全になくすことは難しいでしょう。

また、管理ツールの活用は個人のITスキルにも依存するため、チーム全体での業務効率化には限界があります。さらに、根本的な業務量の問題や、企業文化が定時退社を難しくしている場合、この方法だけでは解決には至らないかもしれません。

ちるとも

フレックスタイム制のある会社への転職を検討する方が、より根本的な解決策に繋がると思いますよ!

定時退社できる部署への異動申請を出す

最後に、いまの会社で定時退社できる部署への異動申請を出すという選択肢があります。残業をせず定時退社できる部署へ異動すると、野球のプレイボール時間に間に合う可能性も高くなります。また、業務内容によっては今まで以上にストレスが少ない環境で楽しく働けるようになるかもしれません。

ちるとも

実際に僕の前職の同期も、部署異動したことで定時退社でき、趣味に使う時間が増えて毎日が楽しくなったと言ってました!

しかし、異動が叶うかどうかは会社の状況や上司の判断に左右されるため、必ずしも希望通りにはいかない場合が多いです。また、定時退社できる部署は相対的に年収が低いことが多く、大幅な年収ダウンを覚悟しなければならないでしょう。

ちるとも

仮に部署異動できても一時的な解決策に過ぎないので、フレックスタイム制を導入している会社への転職を検討する方が全体的にコスパが高いですよ!

【まとめ】転職をして野球観戦をプレイボールから楽しもう!

あなたが仕事帰りに野球の試合開始から楽しみたいと思っているなら、今が行動を起こす絶好のタイミングです。本記事で紹介した方法を活用すれば、残業に影響されることなく、試合の一球目からエキサイティングな時間を過ごせるようになります。

仕事帰りの野球観戦を始めから楽しむコツ3選
  • フレックスタイム制のある会社へ転職する
  • 時間やタスクの管理ツールを活用する
  • 定時退社できる部署への異動申請を出す

管理ツールを用いた業務効率化や、部署異動による残業時間の削減も1つの方法ですが、これらは効果が乏しい可能性も高いです。

一方、フレックスタイム制を採用している会社への転職は、あなたのライフスタイルに合わせて働き方を調整できるため、非常に効果的です。試合開始時間に合わせて仕事を終えられるようになり、ストレスフリーで野球観戦を存分に楽しめるでしょう。

ちるとも

転職する前に、まずは転職エージェントにキャリア相談しましょう!専門のアドバイザーが、あなたの希望に合った職場を見つけるお手伝いをしてくれますよ!

野球観戦を始めから楽しむためには、仕事とプライベートのバランスを見直すことが重要です。あなたの趣味や興味を大切にすることは、人生を豊かにするための第一歩です。今こそ、新しい一歩を踏み出しましょう!

~転職で人生に“くつろぎ”を~

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

仕事帰りの野球観戦を始めから楽しむコツ3選:残業なしで行こう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【転職で人生に“くつろぎ”を】
20代のIT企業社員です!😊
転職はすでに2回経験しており、
以下のようにさまざまな経験をしてきました。
✅年収150万円以上アップの転職
✅未経験業界・未経験職種への転職
✅同一業界・同一職種への転職
✅退職してから転職活動
✅ハローワークで失業手当を申請
✅働きながら転職活動
✅転職活動をしたが、状況を考えて転職の延期を決意
✅相談目的のみで転職エージェントを利用
✅面接合格率:75%以上
本サイトでは、僕の経験や知識をもとに20代の転職活動に役立つ情報を発信しています!📝

コメント

コメントする

目次