【優秀な同期に劣等感を抱くあなたへ】仕事ができる人になるための具体策

【優秀な同期に劣等感を抱くあなたへ】仕事ができる人になるための具体策

他人と比べるな!!自分の好き・得意な分野で突き進もう!

悩む女性

全く成果が出せず、今の仕事が自分に向いてない気がするわ。。

悩む男性

仕事ができる同期が多くて毎日劣等感を抱いてます。。

あなたは、仕事でのミスや同期との能力差に悩んでいませんか?

「自分はこの仕事に向いていないのかも」と感じることは、実は多くの20代が抱える共通の悩みです。特に優秀な同期に囲まれると、その差を痛感して劣等感を抱えてしまうこともあるでしょう。

ちるとも

僕もかつては、同期に比べて自分のスキルが低いと感じ、毎日が不安でいっぱいでした。。

そこでこの記事では、同期との能力差に悩むあなたに向けて、「仕事ができる人」になるための具体的な方法を紹介します。

ちるとも

今では劣等感を克服し自信を持って仕事に取り組めている、僕の実体験もあわせて紹介してますよ!

この記事はこんな人におすすめ
  • 同期と自分を比較して劣等感を抱いている人
  • 成果が出ず、今の仕事が自分に向いてないと感じている人
  • スキルアップして仕事ができる人に生まれ変わりたい人

ぜひこの記事を参考に、あなたの得意を活かせる分野で一点突破して、「仕事ができる人」として輝かしいビジネスライフを過ごせるようになりましょう!

目次

同期と比較して能力差を感じる人の割合

悩む男性

僕みたいに同期との能力差を感じる人は多いのかな…?

職場において、同期と自分を比較してしまうことは珍しくありません。特に新たな環境や競争の激しい業界では、他人との能力差を意識しやすくなります。実際、キャリア転職サイトtypeを運営するキャリアデザインセンター社が行った調査結果では、67.1%が「同期との能力差を感じたことがある」と回答しています。

ちるとも

20代は年代別で50代の次に多く、約7割の人が何らかの劣等感を抱いているようです。

出典:キャリアデザインセンター社の調査結果を元に筆者作成

しかし、同期との比較は必ずしも悪いことではありません。正しく対処すれば、あなた自身のキャリアアップにも繋がります。まずはあなたがどう感じているかを認識し、次にその感情をポジティブな行動に変える方法を見つけることが大切です。

スキルアップして仕事ができる人になるには

悩む女性

私も同期みたいに仕事ができる人になれるのかしら。。

悩む男性

劣等感を抱きながら仕事をする毎日から脱却したいです…!

同期との能力差と比較して劣等感を抱いているあなた。仕事ができる人になるためのスキルアップは必須です。スキルアップの道は一つではありません。ここでは、劣等感から脱却して仕事ができる人になる方法を3つご紹介します。

ちるとも

20代でキャリアアップに成功した僕の実体験付きです!

20代のあなたにとって、次のステップへと進むための具体的な行動が見えてくるでしょう!

転職エージェントにキャリア相談する

転職エージェントへの相談は、あなたがスキルアップするために最も効果的な方法です。“キャリアアップのプロ”の視点で、あなたの強みや弱み、市場価値を客観的に評価してもらえます。

ちるとも

実際に僕は転職エージェントに相談したことで、自分が伸ばすべき強みがわかり、同期との能力差を全く気にしなくなりました!

多くの人が勘違いしていますが、実は転職エージェントは「現在転職を全く検討していない」状況でも気軽に登録・活用できるんです。完全無料で金銭面のリスクなしに利用できるため、あなたにぴったりの最適な仕事を見つけるお手伝いをしてくれます。

ちるとも

実際に僕も、強みを活かせる仕事を探してもらう目的のみで転職エージェントに登録しましたよ!すぐに転職を促されることもなく、本当に得しかなかったです!

20代の僕が実際に体験して役に立った転職エージェントも紹介しているので、まずはスキルアップのための情報収集からスタートしてみましょう。

\ あなたの本当の強みを見つけてもらおう! /

転職エージェントはずっと無料で使えます。

メンターや先輩にアドバイスを求める

次に、職場のメンターや先輩にアドバイスを求めるという方法があります。仕事ができる人からのアドバイスにより、即戦力となる実践的な知識を得られる可能性が高まります。

ちるとも

実際に僕も、仕事ができる先輩数名に時間をもらい、一緒に食事をしながら相談に乗ってもらいました!

彼らはあなたが直面しているであろう問題をすでに経験しており、その解決策や効率的なアプローチ方法を知っています。また、仕事上での人間関係の構築や、職場での立ち振る舞いについての貴重なアドバイスも提供してくれるでしょう。

ただし、そもそも相談できるメンターや先輩がいない場合や、いたとしても多忙により十分な時間を確保してもらえない場合もあります。

ちるとも

転職エージェントのキャリアアドバイザーであれば、自分の都合の良い時間で調整してくれるので、メンターや先輩よりも気軽にキャリア相談できますよ!

セミナーやワークショップに参加する

最後に、セミナーやワークショップに参加するという選択肢があります。これらのイベントでは、業界の専門家から最新のトレンドや技術、実務で役立つ知識を学ぶことができます。また、他の参加者との交流から新たな視点を得たり、将来のキャリアにつながる貴重なコネクションを築くこともできるでしょう。

ただし、質の高いセミナーやワークショップほど参加費用が高いことが多く、また、参加する時間を確保する必要があるというデメリットもあります。

ちるとも

その点、転職エージェントは無料でいつでも利用可能なので、コスパを考えても転職エージェントへの相談の方が僕としてはおすすめです!

【体験談】同期差で抱いた劣等感に対する僕の具体的な克服方法

悩む女性

私みたいに劣等感を抱いてた人が、実際にどうやって克服できたのか知りたいです…!

同期や周りの人と比べて仕事の成果が出ない時、心は重く沈みます。僕もその一人でした。新卒で入社した会社で約2年間営業職として働いていましたが、同期に比べて売上未達が続き、毎日のように劣等感を抱いていました。

ちるとも

初受注も周りの同期より遅く、「このまま1件も受注できないのではないか…」と何度も思っていました。。

しかし、今ではデータアナリストとして自分の得意分野で活躍し、同期との能力差を比べることもなくなりました。

この変化ができた一番の理由が、「転職エージェントにキャリア相談した」ことです!

ちるとも

“キャリア形成のプロ”の視点から、僕の強みや適性、市場価値を再評価してもらうことが目的でした!

その結果、僕のこれまでの経験やスキル、性格を考慮した上で、営業よりもデータアナリストとしてのキャリアの方が向いているとわかり、転職を決意しました。

ちるとも

年収は100万円以上アップし、同期との能力差を比べることもなくなったので、転職エージェントに相談して本当に良かったです!

「自分は自分、他人は他人」という考えは非常に大切です。同期や周りの人と比べて劣等感を抱いているあなたも、まずは転職エージェントに相談して、あなたが活躍できる仕事を見つけるところから始めてみましょう!

まとめ:同期と比べず、自分の得意を活かせる分野で一点突破しよう!

あなたが他の同期と比較して劣等感を抱くのは自然なことです。しかし大切なのは他人との比較ではなく、あなた自身の長所(強み)を見つけて、それを最大限に活かすことです。

スキルアップして仕事ができる人になるには
  • 転職エージェントにキャリア相談する
  • メンターや先輩にアドバイスを求める
  • セミナーやワークショップに参加する

メンターや先輩から受けるアドバイスやセミナー等への参加も解決策の1つですが、これらは多くの時間やお金がかかる可能性が高いです。

一方で、転職エージェントへの相談は完全無料で好きな時間に利用でき、あなたがビジネスパーソンとして輝けるためのサポートを受けられます。

ちるとも

転職エージェント1分程度で簡単に登録できるので、まずは気軽に相談をしてみるのがおすすめです!

他人と比較するのではなく、まずはあなたの強みを活かせる仕事(職場)を見つけることが、スキルアップするために重要な鍵となります。あなたの得意を活かせる分野で、積極的に一点突破を目指しましょう!

今回ご紹介した方法を実践することで、スキルアップに成功し、あなたの好き・得意を活かせる仕事で活躍できるようになることを願っています。

~転職で人生に“くつろぎ”を~

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【優秀な同期に劣等感を抱くあなたへ】仕事ができる人になるための具体策

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【転職で人生に“くつろぎ”を】
20代のIT企業社員です!😊
転職はすでに2回経験しており、
以下のようにさまざまな経験をしてきました。
✅年収150万円以上アップの転職
✅未経験業界・未経験職種への転職
✅同一業界・同一職種への転職
✅退職してから転職活動
✅ハローワークで失業手当を申請
✅働きながら転職活動
✅転職活動をしたが、状況を考えて転職の延期を決意
✅相談目的のみで転職エージェントを利用
✅面接合格率:75%以上
本サイトでは、僕の経験や知識をもとに20代の転職活動に役立つ情報を発信しています!📝

コメント

コメントする

目次